ページの先頭です

要介護(要支援)認定の申請について

[2016年2月1日]

介護保険の加入者は年齢で2つの被保険者に分かれます。

65歳以上の方(第1号被保険者)

介護や支援が必要であると認定を受けた場合に、介護サービス・介護予防サービスを利用できます。

40歳から64歳の方(第2号被保険者)

介護保険で対象となる病気が原因で「要介護(要支援)認定」を受けた場合に、介護サービス・介護予防サービスを利用できます。

交通事故等が原因の場合は、介護保険の対象外となります。

介護保険で対象となる病気

・筋萎縮性側索硬化症・後縦靭帯骨化症・骨折を伴う骨組しょう症・多系統委縮症・初老期における認知症・脊髄小脳変性症・脊柱管狭窄症・早老症・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症・脳血管疾患・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病・閉塞性動脈硬化症・関節リウマチ・慢性閉塞性肺疾患・両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症・末期がん

介護保険の利用には申請が必要です。

申請

サービスの利用を希望される方は高齢介護課に申請をしてください。申請は、本人または家族のほか、地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、介護保険施設などに代行してもらうこともできます。

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 介護保険の被保険者証

※40歳から64歳の方は健康保険の被保険者証が必要です。

※65歳以上の方で被保険者証を紛失されている方は、再交付申請書が必要です。(再交付には、申請者の印鑑が必要となります。)

認定

申請すると訪問調査や、主治医の意見をもとに審査・判定され介護や支援が必要な度合いが決定されます。

ダウンロード

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部高齢介護課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


要介護(要支援)認定の申請についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る