ページの先頭です

妊婦さんへ

[2018年4月2日]

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入に伴い、妊娠届出の際には妊婦さんの個人番号確認が必要となりました。

次の(1)から(3)いずれかの書類をご持参ください。

  1. 個人番号カード(番号確認と本人確認)
  2. 通知カード(番号確認)と、運転免許証・パスポートなどの顔写真付証明書(本人確認)
  3. 個人番号の記載された住民票写し(番号確認)と、運転免許証・パスポートなどの顔写真付証明書(本人確認)

※運転免許証やパスポートなどがない場合は、健康保険被保険者証や印鑑証明など2点以上の身元確認書類が必要です。

※代理人が申請される場合は、委任状、代理人の本人確認書類、本人の個人番号カード(写し)もしくは通知カード(写し)が必要です。

母子健康手帳の交付

妊娠がわかったら、健康推進課へ妊娠届出書を提出し、母子健康手帳の発行を受けてください。

妊娠届出書は健康推進課にあります。また、下の「妊娠届出書兼妊婦健康診査受診券交付申請書」をダウンロードすることもできます。この手帳は、妊娠の経過からこどもが小学校に入学するまでの成長を記録する大切なものです。上手に活用しましょう。

マタニティキーホルダーを希望の妊婦さんにお渡しします!

妊娠中、特に初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためのとても大切な時期です。しかし、外見からは、妊娠中であるかどうか見分けがつかないため妊婦さんにはさまざまな苦労があります。妊娠中であることをさりげなく周囲に伝えることを目的に八幡市では母子健康手帳発行時に希望の方にマタニティキーホルダーをお渡しします。

すでに、母子健康手帳をお持ちで希望の方は健康推進課までご連絡ください。

妊婦健康診査受診券の発行

妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康状態を確認し安全で安心な出産を迎えるために、健康診査を受けることは大変重要なことです。

妊娠届をすると、母子健康手帳と共に病院・診療所および助産所において妊婦健康診査に利用する妊婦健康診査受診券をお渡しします。定められた検査について公費負担をしています。

対象者

八幡市に住民登録、または外国人登録がある妊婦

交付

母子健康手帳と共に妊婦健康診査受診券つづりを交付します。

交付時には「妊婦健康診査における個人情報の取扱いについて(事前確認書)」が必要です。下の「妊娠届出書 兼 妊婦健康診査受診券交付申請書」をダウンロードしてご持参ください。

※妊婦さん本人が窓口に来られない場合は、妊婦さん本人が署名したものを代理の方がお持ちください。

八幡市に転入された方は

前住所地で交付された母子健康手帳と未使用の妊婦健康診査受診券を窓口までお持ちください。八幡市の妊婦健康診査受診券つづりと交換します。

里帰り等で契約医療機関・助産所以外で受診される方

一旦自費での支払いとなりますが、規定の健診の検査内容について助成する制度があります。健康推進課までお問合せください。

ダウンロード

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

助産施設の利用

助産施設とは、妊産婦が経済的な理由により入院助産を受けられないときに利用するものです。京都府指定の助産施設を利用していただきます。

詳しいお問い合わせは、市役所子育て支援課までお願いします。

先天性代謝異常等検査採血料無料受検票の交付

下記の世帯に該当する方は、制度が利用できます。

  1. 生活保護法による被保護世帯
  2. 市町村民税非課税世帯
  3. 所得税非課税世帯

先天性代謝異常等とは、生まれつき体の中の酵素の働きが悪いためや甲状腺ホルモン分泌が欠乏しているために、知的障がいや発育障がい等を起こす病気(先天性代謝異常症、先天性甲状腺機能低下症および先天性副腎過形成症)があります。

この病気を早く見つけ、知的障がい等が起こらないうちに治療(主として特殊栄養食)を開始する目的で、赤ちゃんが生まれて5日から7日目に足の裏からごくわずかの血液をとって検査が行われます。

この検査を希望される方は、山城北保健所(宇治市)または綴喜分室(京田辺市)に申請してください。後日山城北保健所から先天性代謝異常等検査無料受検票と請求書が発行され郵送されます。

※京都府内の医療機関で出産される方は…
「先天性代謝異常等検査採血料無料受検票」の交付を受けた方は、子どもが生まれたらすぐにこの受検票と請求書を添えて、医療機関の窓口に提出すると、検査料および採血・指導料が無料となります。

※他府県の医療機関で出産される方は…
他府県の医療機関で出産された方は、いったん医療機関で採血・指導料を支払ってもらった後、その領収書と無料受検票に請求書を添えて保健所に提出すると、支払われた金額の一部が返って来ます。なお、請求書用紙は保健所にあります。

マタニティスクール

産前・産後ヘルパー派遣事業

八幡市では、妊娠中から子育て期までを切れ目なく支援するため、「産前産後ヘルパー派遣事業」を実施しています。妊産婦さんの体調不良や、支援者がいないため家事や育児を行うことが困難なご家庭にヘルパーを派遣し、家事の援助、乳幼児の育児支援、助言および相談を行います。

対象者

八幡市内に住民票があり、かつ八幡市内にお住いの方で、親族等が家事または育児を支援することができない方のうち、次に該当する方。

1.母子手帳の交付を受けた方で、体調不良等のため家事・育児を行うことが困難な妊婦

2.出産後2ヵ月以下(多胎出産の場合は産後4ヵ月以下)の産婦

3.出産後6ヵ月以下の方で、体調不良等のため家事・育児を行うことが困難な産婦

利用時間

午前7時から午後8時まで

利用限度

1回につき2時間まで。1日につき2回まで。

出産1回につき50時間まで利用できます。

利用料

1時間あたり700円。1時間を超えた場合30分までごとに350円が追加されます。

※ただし、市民税非課税世帯・生活保護世帯は事前に申請していただくことで無料となります。

※利用料は、月ごとまとめてヘルパーステーション担当者が徴収します。

支援内容

授乳、沐浴、オムツ交換、子供の見守りその他の育児支援。調理、洗濯、掃除、買物(八幡市内に限る)その他の家事支援。外出時の付添い、生活および育児に関する相談・助言等。

※支援は妊産婦がいる状況で実施します。妊産婦不在時、ヘルパーのみの支援は行いません。

委託先事務所

八幡市社会福祉協議会ヘルパーステーション

利用方法

利用を希望される方は「八幡市産前・産後ヘルパー(派遣・派遣変更)申請書」にご記入の上、健康推進課に提出してください。申請受付後に健康推進課担当者とヘルパーステーション担当者が、利用希望者宅を訪問し、詳細をお伺いします。その後、健康推進課で利用の可否等を決定します。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


妊婦さんへへの別ルート

ページの先頭へ戻る