ページの先頭です

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

[2014年3月14日]

子宮頸がん予防ワクチンにつきましては、平成25年4月1日より定期接種となり、八幡市でも積極的勧奨を行ってきました。しかし、厚生労働省から6月14日付けで、「ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みを接種後に訴える重篤な副反応が見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」との通知がありました。

よって、八幡市でも子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を差し控えることになりました。

なお、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、対象者の方は希望すれば接種することは可能です。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る