ページの先頭です

タケノコの瓶詰め作業

[2011年4月28日]

瓶詰めされたタケノコを大鍋に入れる老人クラブ会員(4月28日、美濃山宮ノ瀬)

瓶詰めされたタケノコを大鍋に入れる老人クラブ会員(4月28日、美濃山宮ノ瀬)

美濃山第二さつき老人クラブの会員が、タケノコの瓶詰め作業に励みました。

7年前から始まった瓶詰め作業は、同クラブの会員が皮むきから瓶詰めまでの作業すべてを担当しています。

この日は、会員が前日に皮をむき、煮て、水にさらしたタケノコを約600グラムずつ瓶詰め。大鍋で約2時間煮ることで、少なくとも3年は品質を保てるといいます。

4月下旬から1週間程度作業を行い、計530本が完成しました。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る