ページの先頭です

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報について

[2014年7月22日]

微小粒子状物質(PM2.5)の濃度については、京都府において常時監視を行い、速報値を含めた測定結果について公表しています。

またPM2.5の濃度が高く注意喚起を行う必要がある場合、京都府により注意報の発出を行っています。

注意報および測定結果については、京都府のホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

PM2.5に関する注意報および測定結果についての問い合わせは

  • 京都府文化環境部環境管理課
    電話番号:075-414-4709  
  • 京都府山城北保健所環境室
    電話番号:0774-21-2913

PM2.5に関する注意報が発出された場合について

  • 外出や屋外での活動をなるべく控え、長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
  • 屋内においても、換気や窓の開閉を最小限にする。
  • 呼吸器系や循環器系疾患のある人、お年寄り、子供等は、体調に応じてより慎重に行動する。

微小粒子状物質(PM2.5)とは

PM2.5とは、大気中に浮遊する粒子状物質のうちでも、粒径が2.5マイクロメートル以下(1,000マイクロメートル=1ミリメートル)の小さいもので、肺や気管支の奥深くまで入り込みやすいことから、人への健康影響が懸念されています。

PM2.5は、発生源から直接排出される一次粒子と、大気中での光化学反応等によりガス成分(揮発性有機化合物(VDC)、窒素酸化物(NOX)、硫黄化合物(SOX)など)から生成される二次粒子に分類されます。

PM2.5の発生源は、自然起源と人為起源に分類されます。黄砂や、火山排出物などの自然起源の粒子にはPM2.5より大きな粒径のものが多く含まれます。

PM2.5についての詳細な説明は、環境省のホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部環境保全課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る