ページの先頭です

登録型本人通知制度の実施について

[2014年11月19日]

制度概要

この制度は、住民票または戸籍謄本などを本人の代理人や第三者に交付したとき、登録した人に対して、その事実を通知するものです。

本人通知をすることにより、不正請求の早期発見、事実関係の早期究明が可能になります。また、制度の導入により不正請求を抑止する効果が期待されます。

この制度の利用は希望者に限るため、登録が必要です。

第三者等へ証明書を交付したとき、登録された方に交付した事実を通知します。

登録できる人

八幡市に住民票または戸籍のある人

登録手続き

この制度の利用を希望する方は、市民課(1階3番窓口)で登録の手続きをしてください。

本人による申請

  • 本人通知制度登録申請書
  • 登録者本人の「本人確認書類」
    1点提示でよいもの:官公署が発行した顔写真の貼付された証明書類(運転免許証、写真付住民基本台帳カード、在留カード、旅券など)
    2点提示が必要なもの:上記以外の証明書類(健康保険証、年金手帳、学生証など)

代理人による申請

  • 本人通知制度登録申請書
  • 代理人の「本人確認書類」(※以下の通りになります)

未成年者の法定代理人(親権者)の場合

  • 代理人の「本人確認書類」
  • 親権者が確認できる戸籍抄本(登録者の本籍地が八幡市の場合は省略可)

成年被後見人の法定代理人(成年後見人)の場合

  • 代理人の「本人確認書類」
  • 後見人であることが確認できる書類(登記事項証明書、審判書謄本など)

その他の代理人(本人が申請できない場合に限る)の場合

  • 代理人の「本人確認書類」
  • 本人が自署・押印した委任状
    (本人以外の家族の方が申し込む場合も委任状が必要です。)

郵送による申請

市外にお住まいの方や病気などのため窓口で申込ができない場合は郵送による方法も可能です。

本人通知制度登録申請書をダウンロードするか、便箋等に必要事項を記載し、申請者の本人確認書類を添えて申請してください。代理人による申請の場合は代理権を明らかにする書類も必要です。

登録受付

登録等の受付時間は、平日午前8時30分から午後5時15分です。(市の休日に登録受付はできません)

※登録受付以降の交付請求が通知の対象となります。

通知対象となる証明書

  • 住民票の写し (除票を含む)
  • 戸籍謄本および戸籍抄本 (除籍を含む)
  • 戸籍の附票 (除附票を含む) 

通知の対象外となる請求行為

  • 本人等からの請求
  • 国、地方公共団体からの公用請求
  • 戸籍法・住民基本台帳法で定められた裁判・訴訟・紛争処理・遺言書作成事務などの代理業務を理由とした請求

本人以外の第三者等とは

  • 本人の代理人(委任状による請求)
  • 住民票の写しにおいては「同一世帯」以外の人、
  • 戸籍においては「戸籍に記載のある人、その配偶者、直系親族」以外の人
  • 受任業務を遂行する目的のためとする弁護士・司法書士などの資格を有する人

通知内容

  • 証明書の交付年月日
  • 交付した証明書の種別(住民票の写し等)
  • 交付枚数
  • 交付請求者の種別(代理人・第三者等)

※交付請求者の氏名、住所等を通知することはできません。 

登録期間の満了日

登録期間は、登録日から起算して3年間です。

※引続き登録を希望される場合は、登録期間終了日の1ヶ月前から更新の申し込みができます。

登録事項の変更および廃止の届出

住所の変更(転居・転出)や戸籍の登録事項に変更が生じた場合または登録を廃止したい場合は、必ず届出書を提出してください。

なお、登録された方が死亡または失踪宣告を受けたとき、居所不明等により住民票が消除されたときは、登録を取り消します。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部市民課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


登録型本人通知制度の実施についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る