ページの先頭です

核実験に対する抗議声明

[2016年10月5日]

本日、午前9時半ごろ、北朝鮮の核実験場がある北東部の豊渓里付近で、マグニチュード(M)5.3の人工地震波が検知され、震源の深さはゼロであった。

日本政府は、総合的に勘案した結果、核実験を実施したと判断した。

2006年から本日まで5回目となる核実験実施の暴挙は、わが国のみならず国際社会の平和と安定を脅かす危険な行為で断じて容認できるものではない。

また、国連安全保障理事会決議の明白な違反であり、国際社会の核不拡散の取り組みを阻害するものと言わざるを得ない。

非核平和都市宣言のまちとして、北朝鮮の行為に強く抗議するとともに、全ての核兵器と核計画を即刻放棄するよう強く要請する。

             平成28年9月9日

                    京都府八幡市長       堀口 文昭

                    京都府八幡市議会議長  小北 幸博

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部人権啓発課

電話: 075-981-3127 ファックス: 075-983-4545

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る