ページの先頭です

木造住宅耐震シェルター設置費助成事業

[2018年5月14日]

耐震シェルターとは、住宅の室内(主に寝室)に強固な構造物を設置し、地震によって住宅が倒壊しても生命を守る空間です。

市では、耐震診断の結果、倒壊の可能性があると判定された木造住宅の耐震シェルター設置工事に対して、今年度も補助を行います。今年度の募集より、高齢者等に限定していた申請者の条件を撤廃しました。

補助額

耐震シェルター設置費用の4分の3(最大30万円)

対象となる住宅

(1)昭和56年5月31日以前に着工され、現に完成しているもの

(2)木造住宅で、延べ床面積の2分の1以上を住宅の用に供しているもの

(3)耐震診断の結果、評点が1.0未満と診断されたもの

(4)丸太組構法、旧建築基準法38条認定および型式適合認定によるプレハブ工法以外の住宅

(5)過去に木造住宅耐震改修費助成事業による補助金の交付を受けていない住宅

※(1)から(5)のすべてに該当するものが対象となります。

補助対象となるシェルター

(1)木造軸組耐震シェルター「剛建」 (有限会社宮田鉄工)

(2)j.Pod耐震シェルター (j.Pod&耐震工法協会)

(3)建物内部設置型防災器具木質耐震シェルター (株式会社一条工務店)

(4)安全ボックス (株式会社アップルホーム)

(5)おとくにシェルター (お得に(乙訓)リフォーム)

(6)耐震シェルター 平安24 (平安建設株式会社)

(7)パネル式耐震シェルター (SUS株式会社)

申請方法

申請書に必要書類を添えて、住宅の所有者または居住者が申請してください。

注意事項

※申請前にシェルター設置工事の契約締結および工事着手を行った場合は補助対象外となります。

※賃貸住宅等の居住者が申請される場合は所有者の同意が必要です。

募集期間

5月21日(月曜日)~11月30日(金曜日)

〈受付時間:午前8時30分から正午、午後1時から午後5時15分〉

(土曜日、日曜日、祝日を除く)

※平成31年2月末までに完成を見込めるもの

代理受領制度について

市民の皆様が木造住宅の耐震改修等に取り組みやすくなるように、「代理受領制度」を設けています。

詳しくは、「代理受領制度について」をご覧ください。

リンク:代理受賞制度について(市ホームページ)

申請様式

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所都市整備部都市整備課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


木造住宅耐震シェルター設置費助成事業への別ルート

ページの先頭へ戻る