ページの先頭です
「インスタグラムで『#やわふぉと』キャンペーン」の参加者から投稿された作品(4月1日~9日分)と、その中から市公式アカウントで紹介させていただいた作品を掲載します。

市公式アカウント紹介作品

傘をさしながら背割り堤の桜を眺める女の子
夜桜と月
頓宮の回廊の瓦屋根に覆いかぶさる桜
桜のつぼみとシジュウカラ
松花堂庭園の竹とツバキ 画像

キャンペーン参加者の投稿作品

横にまっすぐ延びる背割堤の桜並木、その下の芝生広場のベンチに座る2人の女性
両脇に咲く背割堤の桜並木、その中央の園路で足を止めて写真を撮る女性
遠くに背割堤の桜並木が見える芝生広場で広げたお弁当
横に続くシダレザクラと、その前に広がる釣り池
画面いっぱいに広がる桜並木と、その下を歩く人たち
横に続く背割堤の桜並木、その下の芝生広場でベビーカーに乗った1匹の犬
右上から奥に向かって延びる背割堤の桜並木、その下の芝生広場には水たまりに桜並木が写る
手前に桜、その奥に「八幡桜まつり」と書かれた幕のついたゲートが見える
手前に木津川が広がり、奥に背割堤の桜並木が横に延びる
手前にベビーカーに乗った3匹の犬、その奥に背割堤の桜並木が見える
右上から奥に向かって延びる背割堤の桜並木、その下の芝生広場の水たまりに桜並木が写る
左からシダレザクラの花が写り、その奥に「石清水八幡宮」と書かれた立て看板が見える
右上から桜の花がレンズいっぱいに写る。右下の奥には女の子がぼやけて写る
石の鳥居、石段が続き、その右には桜並木
桜の花がついた横に延びる太い枝、その下に「若宮八幡宮」と書かれた縦看板
画面いっぱいに桜の花が広がり、その隙間から石段に立つ子どもがぼやけて見える
桜の奥に建物がぼやけて見える
桜の花の後ろに石の鳥居がぼやけて見える
石の鳥居とその向こうに桜
左上に桜の花、その向こうに奥に女の子がぼやけて見える
曇り空の下、御幸橋を渡るたくさんの人たち
手前に広がる桜、そのあいだからボートで川を進む人たちが見える
右上から奥に向かって延びる背割堤の桜並木、その下の芝生広場の水たまりに桜並木が写る
赤い着物の太夫の前を白い着物の女の子、赤い着物の禿が歩く
画面いっぱいに広がる桜の花
石清水八幡宮の参道を歩く、前から神職、白い着物の女の子、赤い着物の太夫
赤い着物の太夫の前を白い着物の女の子、赤い着物の禿が歩く
赤い大傘を持った紺色の和服の傘持ちと橙色を基調とした着物をまとった太夫
画面いっぱいに広がる桜の花
月明かりに照らされる桜の花
横になって上を見上げる男の子、その奥に芝生の斜面と背割堤の桜並木
桜並木の下の芝生の斜面に立ってこちらを見るトイプードル
芝生に立ってまっすぐこっちを見るトイプードル、そのうしろに桜
二匹のトイプードルと桜
桜と石清水八幡宮本殿
背割堤の桜並木
松花堂庭園の竹林
さくら近隣公園の夜桜
さくら近隣公園の夜桜
石清水八幡宮本殿
竹細工の角に飾られたとツバキ
背割堤の桜並木
展望塔から見た背割堤の桜並木
背割堤の園路と桜並木
傘をさしながら石畳を歩く神職たちの後ろ姿
傘をさしながら背割堤の桜並木を見上げる女の子
雨上がりでもやがかかった背割堤の桜並木
大谷川に映り込む桜並木
背割堤の桜並木をみながら園路を歩く人たち
淀川と書かれた碑と背割堤の桜並木
さくらであい館と展望塔
枝先についた桜の花
画面いっぱいに広がる桜 画像
背割堤の園路を桜を眺めながら歩く人たち
背割堤の桜並木と芝生の斜面で花見をする人
背割堤の桜並木と木津川
背割堤の園路を桜並木を眺めながら歩く人たち
背割堤の桜と木津川
背割堤の園路を桜を眺めながら歩く人たち
背割堤の桜と花見をする人
背割堤の桜と木津川と花見客
雨あがりの背割堤の桜並木と園路
タオルケットに横たわる犬
お散歩をねだる犬
さくら近隣公園から公団を眺めた桜風景
背割堤で花見をする人たち
大谷川公園の桜並木と土の遊歩道と白柳
背割堤の石畳の園路上に散った一輪の桜
ユスラウメの花
さくら近隣公園の貯水池を囲む夜桜
善法律寺門前のシダレザクラ
制服を着てピースをする女の子
入園式、門の前で記念撮影をする家族
桜の下の芝生の斜面に立つ女の子
曇り空下の背割り堤の桜並木
雨上がりもやがかかった背割堤の桜並木
さくら近隣公園の桜と提灯
竹と赤いツバキ
桜の下に置かれた自転車
石田神社の桜
桜越しに見える石田神社
まちかどひな祭りの組み写真 
釣り池に咲く桜
石清水八幡宮に参拝するたくさんの人たち
さくら近隣公園の夜桜と月
さざなみ公園の夜桜と太鼓橋
ライトに照らされた桜
ピースをする小さな女の子
背割堤の桜と自転車メーター
2分咲きの背割堤の桜並木と散策する人たち
2分咲の背割り堤の桜並木
2分咲の背割り堤の桜並木(展望塔より)
夕暮れに浮かぶナズナのシルエット
2分咲きの桜並木が両脇に咲く園路、左側の桜並木には提灯に明かりがともる
さくらであい館の展望塔から望む5分咲きの背割堤の桜並木と宇治川
さくらであい館の展望塔から望む5分咲きの背割堤の桜並木と木津川
さざなみ公園の桜並木の下にウェディングドレスを着た女性
桜の花のアップと左奥に東屋
左に芝生の斜面、右に下りの園路と背割堤の桜並木
石清水八幡宮頓宮の朱塗りの回廊、その瓦屋根の上に桜がかかる 画像
右に2分咲きの背割堤の桜並木、その下の遊歩道に手をつなぐ2人の小さな子ども
満開のモモの花の下でレジャーシートを引いてお花見をする人たち、その奥には2分咲きの桜並木
南総門から望む石清水八幡宮ご本殿
石清水八幡宮南総門(正面)
ナズナの花
歩道沿いに咲くさくら近隣公園の桜並木(夜桜)
街灯に照らされるさざなみ公園の夜桜
夕暮れ空に浮かぶ一筋の飛行機雲
枝にとまる1羽のウグイス
5分咲きのさざなみ公園の桜、その奥に安居橋と蔵
芝生にタンポポが咲き、奥には咲き始めの背割堤の桜並木が横に延びる
2分咲きの背割堤の桜並木と、その中央に園路
桜の上を電線が行き交い、夜空には月が浮かぶ
青空と山が広がる景色の中を飛ぶパラグライダー
咲き始めの背割堤の桜並木、その下に広がる芝生
2分咲きのさざなみ公園の桜、奥には安居橋と蔵
右にシダレザクラが咲き、左には善法律寺の門
桜がまだ咲き初めの背割堤の園路入口
さくらであい館の展望塔
2分咲きの背割堤の桜並木、その右下に芝生が広がり、遊歩道がまっすぐ延びる
松花堂庭園の書院庭園
「八幡大神」と書かれた御朱印
茅葺屋根の草庵「松花堂」
石清水八幡宮南総門前で国宝指定を祝した花束を宮司に贈る堀口市長
木津川と男山(上段)、木津川と背割堤(下段)
御幸橋の周囲を撮影した6枚の写真 画像
背割堤で開催された「さくら茶会」の様子やお茶席チケット、桜の茶菓子などの組み写真
左に「ごかうばし」と書かれた親柱、右には道路が延びる夜の風景
「ピッカピッカの1年生」と書かれた横幕を持つ2体のひな人形
2分咲きのさざなみ公園の桜、奥には安居橋と蔵
つぼみの桜の枝から羽ばたくシジュウカラ
まだ開花していない背割堤の桜並木、芝生広場には多くの人がお花見
咲き始めのさざなみ公園の桜、奥には安居橋と蔵
青空と芝生の土手、その下に咲くモモの花
青空に芝生の土手、その下に咲くモモの花
左上から右奥に向かって弧を描きながら伸びる背割堤の桜並木(開花直前)
和束町の茶畑がプリントされた蛇腹の立て看板
手前から「久御山町」「木津川市」「京田辺市」「八幡市」「城陽市」「宇治市」と書かれた蛇腹の立て看板
前半分が緑色、後ろ半分が黒色の「お茶の京都博」PRカー
お茶をイメージして緑色の法被を着た京都府ゆるキャラの「まゆまろ」
芝生が広がり、先には男山が見える
男山桜まつりのチラシ
つぼみの桜
縦に切って横に寝かせた竹に飾られたツバキ、奥には竹が生い茂る
手前に一輪のツバキ、奥には竹が生い茂る

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る