ページの先頭です

想い出写真館(5)男山団地

[2017年5月2日]

男山団地完成式での完成記念碑除幕式 画像

 男山団地完成式での完成記念碑除幕式

現在の男山団地 画像

         現在の男山団地

昭和44年に開発が始まった男山団地は、昭和51年末に全事業が終了。それに伴い、昭和52年4月にさくら近隣公園で完成式が行われ、開発資料や航空写真などのタイムカプセル封入、完成記念碑の除幕式などが行われました。昭和47年の第1期分入居開始を機に町の人口は急激に増加し、昭和50年に実施された国勢調査では、市制施行の要件となる5万人を突破。八幡が市になる原動力となりました。

まちびらきから40年以上が経過し、緑豊かな住宅地として成熟する一方、少子高齢化や地域コミュニティの希薄化が進む男山団地。活力のある男山地域であり続けることを目指し、京都府知事立ち合いのもと、関西大学、UR都市機構、市は平成25年10月、「男山地域まちづくり連携協定」を締結。同大学の学生らが中心となって運営する、地域住民が気軽に集まれる拠点「だんだんテラス」や、地域の子育てを支援する「おひさまテラス」が開設されるなど、さまざまな取り組みが進められています。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る