ページの先頭です

あなたの身近でおきている“劇場型勧誘”にご注意!?

[2017年9月5日]

【事例】突然見知らぬ男性から電話があり「あなたの名前が大手飲料メーカーの債権購入リストに載っている。後日○○ファイナンスから社債購入に関して連絡が入る。」と言われた。何のことかわからないので「いらない。」と答えると「では他の方に譲っていいですか。」と言うので「どうぞ。」と言って電話を切った。後日○○ファイナンスと名乗る男性から電話がかかり「名義貸しは違法行為だ。本日中に○○円支払わなければ裁判になる。」と言われた。どうすればよいか。

【アドバイス】劇場型勧誘とは複数の人物が登場し演劇のように仕立てあげられた勧誘が行われる詐欺のことです。

勧誘はほとんどが電話です。(1)知らない番号からの電話に出ない。(2)電話をうけても話を聞かずに短く切る。などに注意し、名前や住所、家族構成など個人情報を聞かれても安易に答えず、すぐに電話を切りましょう。常時留守番電話にしておくことも対策として有効です。いったんお金を払ってしまうと取り戻すのは極めて困難です。お金を要求されても決して払ってはいけません。劇場型勧誘の手口は日々変化しており、巧妙化・悪質化しています。不審な電話や訪問があった時にはすぐに生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市生活情報センター
電話: 075-983-8400

ページの先頭へ戻る