ページの先頭です

平成29年分確定申告 および 平成30年度市民税・府民税申告について

[2018年1月14日]

平成29年分 確定申告(所得税および復興特別所得税)

確定申告の詳細につきましては、リンク先のホームページをご覧ください。

平成29年度分確定申告特集(国税庁)(別ウインドウで開く)へのリンク

申告が必要な人

給与所得者

給与所得者は年末調整で所得税および復興特別所得税の精算が行われますので、一般的には申告は不要ですが、次のような場合は確定申告が必要です。

  • 平成29年中の給与の収入が2千万円を超える人
  • 給与を1カ所から受けている人で、給与所得や退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
  • 給与を2カ所以上から受けている人で、年末調整された主たる給与以外の「従たる給与の収入金額」と、「給与所得や退職所得以外の所得」の合計金額が20万円を超える人
  • 家事使用人や在日の外国公館に勤務する人など、給与の支払時に所得税および復興特別所得税を源泉徴収されない人
  • 同族会社の役員やその親族などで、その会社から給与の他に「貸付金の利子や地代、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料」などの支払を受けている人
  • 火災などの災害による被害を受けたために平成29年中に給与の源泉徴収税の徴収猶予や還付を受けた人
  • 退職所得で「退職所得の受給に関する申告書」が未提出のため、20・42%の税率で源泉徴収された税額が、正規の税額よりも少ない人
  • ふるさと納税のワンストップ特例申請をしたが、確定申告をしなければならなくなった人

公的年金受給者

  • 公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、公的年金等に係る雑所得以外の金額が20万円以下の場合は、申告(提出・納税)が不要です(外国において支払われる源泉徴収の対象とならない公的年金等がある場合を除く)。
  • ただし、還付を受けられる人は、申告する必要があります。また、確定申告が必要でない場合であっても「市民税・府民税申告」が必要な場合があります。

事業所得者等

  • 事業所得(営業等・農業)や利子所得、配当所得、一時所得、不動産所得、譲渡所得、雑所得、山林所得などがあり、納付税額が生じる人、または源泉徴収された税額が還付になる人

申告相談会場 案内

八幡市文化センター3階 申告相談会場(2月14日,15日)
曜日申 告 の 種 類応 対 者開設時間等
2月14


・公的年金等所得者申告


・還付申告


・不動産所得申告


・事業(営業等・農業)所得申告

・税理士

・府職員

・税務署職員

・市職員

・受付時間:
9時から15時

・開設時間:
9時30分から12時
13時から16時
15

2月16日から宇治税務署で確定申告相談会場を開設します。

開設時間は9時から17時です。

(受付は16時(混雑の状況によっては15時頃)で終了します)

     

八幡市文化センター3階 申告相談会場(2月26日~3月15日)
曜日申 告 の 種 類応 対 者開設時間等
2月26・公的年金等所得者申告

・還付申告

・住民税(市民税・府民税)申告




※市職員のみの対応となりますので、相談・受付できる申告の種類が限られます。

※住民税申告は、市役所課税課市民税係(1階5番窓口)でも受付します。
市職員・開設時間:
9時から16時
27
28
3月1
2
5
6
7
8
9
12
13
14
15

必要書類

〈申告書に添付〉

  • 給与所得のある人=源泉徴収票
  • 国民年金に加入している人=保険料の控除証明書
  • 生命保険料、地震保険料控除証明書
  • 雑損控除を受けるとき=領収書
  • 寄附金控除を受けるとき=寄附金の控除証明書、または領収書
  • 医療費控除を受けるとき((1)と(2)の併用はできません)
  1. 従来の医療費控除を受けるとき=医療費の明細書(領収書の添付は不要ですが、5年間の保管が必要です)、※医療費通知(医療費の明細書として使用できます。記載のある医療費の領収書は保管不要です)
    ※医療費通知は、原則、6つの項目(ⅰ.被保険者等の氏名、ⅱ.療養を受けた年月、ⅲ.療養を受けた者、ⅳ.療養を受けた病院・診療所・薬局等の名称、ⅴ.被保険者等が支払った医療費の額、ⅵ.保険者等の氏名)が記載されているものに限り、使用できます(平成30年度住民税申告および、平成29年分確定申告に、八幡市の医療費通知は使用できません)
  2. セルフメディケーション税制の適用を受けるとき=制度の対象となる特定一般用医薬品等購入費の明細書(領収書の添付は不要ですが、5年間の保管が必要です)、健康の保持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行ったことを明らかにする書類(取組を証明する領収書または、職場での定期健康診断、勤務先名や保険者名の記載のある人間ドック等の結果通知表(写し可)、予防接種済証等(写し可))
  • その他所得関係書類、控除関係書類等

〈申告相談会場に持参〉

  • 国民健康保険に加入している人は平成29年中に支払った領収書(提示もしくは、その額を申告してください)
  • 印鑑
  • 申告相談者の口座情報がわかるもの(還付申告の場合)
  • 2月14日、15日は、マイナンバーの関係書類(八幡市が送付するプレ申告書を除く)の原本
  • 2月26日~3月15日は、▽マイナンバーの関係書類(八幡市が送付するプレ申告書を除く)の写し
    「市民税・府民税申告書」におけるマイナンバーの記入についてのページへのリンク

※ご注意ください

  • 土曜日、日曜日は受付を行っていません。
  • 混雑の状況によっては、長時間お待ちいただくことや、早めに受付を終了することがございます。また、正午から午後1時までは相談を行っておりませんので、あらかじめご了承ください。
  • 申告会場ではコピーサービスを行っておりません。
  • 駐車場スペースに限りがありますので、申告会場へはできる限り徒歩や自転車、公共交通機関などをご利用の上、お越しください。
  • 土地や建物、株式などの「譲渡所得」、「住宅借入金等特別税額控除」、「平成28年分以前の確定申告」、「贈与税」や「相続税」の申告等は、受付をしていません。直接、宇治税務署へお越しください。

宇治税務署案内

宇治税務署の周辺地図 画像

申告期間 2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで。(土曜日・日曜日・祝日を除く。ただし、2月18日(日曜日)と2月25日(日曜日)は受付しています。)

  • 申告会場の開設時間は、午前9時から17時までですが、相談受付時間は16時までとなります。なお、申告会場の混雑状況によっては、長時間お待ちいただくことや早め(15時頃)に受付を終了させていただく場合がありますので、ご了承ください。
  • 税務署の駐車場は2月8日(木曜日)からご利用いただけません。お車でお越しの際は、臨時駐車場をご利用ください。
  • 税務署ではコピーサービスを行っておりません。

問い合わせ:宇治税務署

電話:0774-44-4141

(自動音声案内に従って電話機を操作してください)

平成30年度 市民税・府民税申告(住民税)について

申告が必要な人

  • 平成30年1月1日現在、八幡市内に住所があり、平成29年中に所得(収入)があった人
  • 平成29年中(1月1日から12月31日)の所得金額の多少に関わらず、事業専従者控除を受けようとする人
  • 公的年金収入だけの人で、雑損控除や医療費控除等の所得控除を受けようとする人
  • 公的年金収入以外に所得があり、所得税および復興特別所得税の確定申告不要の人
  • 給与所得者で、給与所得・退職所得以外の所得がある人
  • ふるさと納税のワンストップ特例申請をしたが、住民税申告をしなければならなくなった人

申告に必要なもの

〈申告書に添付〉

上記、確定申告の〈申告書に添付〉に同じ

〈申告に持参〉

上記、確定申告の〈申告に持参〉に同じ

ただし、マイナンバー必要書類は原本(郵送の場合は写し)をお持ちいただき、口座番号のわかる書類は必要ありません。

申告が不要な人

  • 所得税および復興特別所得税の確定申告書を提出している人
  • 収入が給与所得のみで、勤務先から「給与支払報告書」が提出されている人
  • 平成29年中に所得が無かった人

※申告の必要がない人でも、扶養控除・生命保険料控除・地震保険料控除等の住民税の申告をされた場合、住民税額が下がる場合があります。

※平成29年中に所得の無かった人や扶養されている人でも、平成30年度の所得に関する証明書(所得証明書・非課税証明書等)が必要な人は住民税の申告が必要です。

申告会場日程等

  • 八幡市役所課税課市民税係(1階5番窓口)
    2月14日(水曜日)から3月15日(木曜日)(土曜日・日曜日を除く)の午前8時30分から午後5時15分
  • 八幡市文化センター3階
    2月26日(月曜日)から3月15日(木曜日)(土曜日・日曜日を除く)の午前9時から午後4時(正午から午後1時を除く)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部課税課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


平成29年分確定申告 および 平成30年度市民税・府民税申告についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る