ページの先頭です

還付金詐欺が増加!~ことば巧みにATMへ誘導~

[2017年12月6日]

【事例1】市の職員をかたる人物から「高額医療費の払い戻しがあるので、手続きが必要です」と電話がかかってきた。昨年入院をしたので、その分かと思い言われるままにATM(現金自動預け払い機)に行き操作をした。その後すぐに通帳を確認すると49万円引き出されていた。

【事例2】「年金の一部が未払いになっています。お金を支払いますのでお近くのコンビニで受け取ってください」と言われコンビニのATMに行くように指示された。

【アドバイス】還付金詐欺が昨年を上回るペースで増加しています。実際に被害にあった人は「ことば巧みで、考える余地がなかった」「還付金という言葉がでなかったので詐欺だと思わなかった」など、気を付けていたつもりでも、とっさに判断できず、被害にあってしまうようです。最近では銀行のATMではなく、スーパーやコンビニにある店外ATMに誘導されることも増加しています。ATMの操作では、お金は戻ってきません。手口は巧妙かつ悪質になっています。「手続きは今日中」などとせかされても慌てないことが大切です。対策として、電話を常時留守番電話にするなどして、知らない番号からの電話に出ないようにするのも一つの方法です。還付金詐欺は他人事ではありません。不審な電話がかかってきた時にはすぐに生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 生活情報センター 
電話: 075-983-8400 ファックス: 075-983-8401

還付金詐欺が増加!~ことば巧みにATMへ誘導~への別ルート

ページの先頭へ戻る