ページの先頭です

平成29年度 八幡市精神保健福祉を考えるつどい こころのバリアフリーをめざして

[2017年12月5日]

八幡市では毎年精神保健福祉に携わるさまざまな分野の方を講師にお迎えして、講演や意見交換などを行っていますが、今年度は医師による講演と当事者と家族でありながら芸能活動を続けいてる漫才師の話を聞くことができる内容となっております。笑って学べる120分です!※参加費無料。

日時

平成30年1月26日(金曜日)午後1時30分~3時30分(開場は午後1時~)

場所

八幡市民文化センター3階 第3会議室

「漫才」  どんぐり兄弟さん

 「うつ病だけど笑わせたい!」 

とめどなく繰り返される兄・さとるさん(精神疾患)のボケに「的確な意見」と称するツッコミで応戦する弟・あきらさん。スピーディでテンポ良く刻まれる二人の漫才にハズレは無く、人気司会者も一押しの二人です。会場全体を虜にする「You Tube視聴回数16万回超え」のどんぐり兄弟のトークを楽しめます。

「講演」 土田 英人氏 京都府精神保健福祉総合センター所長

 「ストレスとこころの健康」

先生は京都府立医科大学を卒業後、海外でも勉強を続けられ現在は京都府精神保健福祉総合センター所長をしながら京都府立医科大学精神神経科の教鞭もとっておられます。さまざまなご経験から興味深いお話を聞くことができます。

セッショントーク&質疑応答

土田先生(医師)、さとるさん(当事者)、あきらさん(家族)のセッショントークの司会は、TVやラジオで活躍中の「歌う(元)校長先生」こと大野実氏(八幡市障がい者相談支援センター所長)です。医師、当事者、家族が一堂に会する場は貴重です。また、来場者からの質疑応答の時間も多めにとっているため、貴重なお話が聞ける内容となっています。

添付ファイル

Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所福祉部障がい福祉課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


平成29年度 八幡市精神保健福祉を考えるつどい こころのバリアフリーをめざしてへの別ルート

ページの先頭へ戻る