ページの先頭です

京都府指定文化財の指定書の授与について

[2018年6月11日]

平成30年3月23日付けで、新たに京都府指定文化財が2件増えました。

  • 木造阿弥陀如来立像 1躯 《所有者:正法寺(住所:八幡清水井)》
  • 石清水八幡宮境内出土品 《所有者:石清水八幡宮(住所:八幡高坊)》
    銅輪宝【どうりんぽう】 6個
    真鍮独鈷杵【しんちゅうとっこしょ】 6個

これを受けまして、京都府より指定書が届きましたので、

本市教育委員会の谷口教育長より、所有者様に対して指定書を授与いたしました。

谷口教育長から眞野住職へ指定書授与の様子 画像

正法寺にて
谷口教育長から眞野住職へ指定書授与の様子

谷口教育長から田中宮司へ指定書授与の様子 画像

石清水八幡宮にて
谷口教育長から田中宮司へ指定書授与の様子

京都府指定文化財の指定書について

木造阿弥陀如来立像の指定書 画像

     木造阿弥陀如来立像の指定書

石清水八幡宮境内出土品の指定書 画像

   石清水八幡宮境内出土品の指定書

なお、所有者様に授与されました京都府指定文化財の指定書は、
京都府綾部市で作られている「黒谷和紙」製です。

「黒谷和紙」は、その製造技法が高く評価され、
昭和58(1983)年に京都府指定無形文化財に指定されています。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所教育部文化財保護課

電話: 075-972-2580

ファックス: 075-972-2588

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る