ページの先頭です

美濃山遺跡の発掘現場を見学

[2019年2月6日]

   建物跡を見学する参加者たち

新名神高速道路建設工事に伴い発掘調査が行われている美濃山遺跡で2月2日、地元住民や小中学生向けの現場見学会が開催されました。今年度調査では、検出された建物跡からひさご形土製品が出土。この土製品は、同遺跡の東方に位置する美濃山廃寺のみで出土する特徴的な遺物であることから、京都府埋蔵文化財調査研究センターの職員が「同寺院の造営に関わった工人がこの集落に住んでいたのではないか」と見解を説明するなどし、参加者たちは熱心に話を聞きながら、当時の暮らしに思いをはせていました。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る