ページの先頭です

7月21日執行の「参議院議員通常選挙」について

[2019年7月9日]

令和元年7月21日(日曜日)は「参議院議員通常選挙」の投票日です。

八幡市で投票できる人

参議院議員通常選挙に本市で投票できる人は、次の条件をすべて満たしている人です。

  1. 日本国民

  2. 平成31年4月3日以前に八幡市に住民登録をし、現在に至っている人

    (現在住民でなくても住民登録期間が3ヵ月以上であれば投票できる場合があります)

  3. 平成13年7月22日以前に生まれた人

投票日は7月21日(日曜日)

投票時間は午前7時から午後8時です。

「投票所入場券(ハガキ)」を持って、ハガキに印刷されている投票所で投票してください。

ハガキが届かない場合は、選挙管理委員会へ問い合わせください。

万一、ハガキを紛失されても、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。投票日に投票所の係員までお申し出ください。

(注)投票日当日、仕事等で投票に行けない方、八幡市外に滞在中の方、病院や老人ホームに入院・入所中の方などは、次の「期日前投票」「不在者投票」の制度があります。

期日前投票

投票日当日に仕事やレジャー、出産などにより投票所で投票できない方は、あらかじめ期日前投票をすることができます。「投票所入場券(ハガキ)」を持って、期日前投票所にお越しください。

期間

令和元年7月5日(金曜日)から令和元年7月20日(土曜日)まで

時間

午前8時30分から午後8時まで

場所

市役所1階西側警備員室前第1会議室

点字や代筆の投票

投票のとき、目の不自由な方は「点字」による投票ができます。

候補者の名前を自分で記入できない方の場合は、投票所の係員が本人から直接お聞きして、候補者の名前を投票用紙に記載します。

秘密は厳守しますので、投票所の係員にお気軽に申し出てください。

不在者投票

八幡市外に滞在中の方、病院や老人ホームに入院・入所中の方は不在者投票をすることができます。

期間

令和元年7月5日(金曜日)から令和元年7月20日(土曜日)まで

投票日当日に八幡市外に滞在している場合

八幡市の選挙人名簿に登録されていて、投票日当日に仕事や旅行などで他の市区町村に滞在しておられる方は、滞在先の選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。

ただし、宣誓書兼請求書の提出による投票用紙の請求が必要になります。投票用紙の請求や交付の手続きは郵便で行うため日数がかかりますので、早めに手続きを行ってください。

  • 不在者投票の方法
      1. あらかじめ、八幡市選挙管理委員会に「不在者投票宣誓書兼請求書」を郵送します。(期間前でも受付しています。)

      2. 八幡市選挙管理委員会から投票用紙、不在者投票用封筒、不在者投票証明書を郵送します。(公示日2日前以降の発送となります。)

      3. 郵便物が届いたら、滞在先の選挙管理委員会にそのままお持ちください。(開封すると投票ができなくなります。)
        そこで不在者投票を行います。(不在者投票期間7月5日から7月20日まで)
        投票用紙は、滞在先の選挙管理委員会が八幡市選挙管理委員会に郵送します。

(注)投票済みの投票用紙が、投票日当日の午後8時までに八幡市の投票所へ届いている必要がありますので、なるべく早めに手続きしてください。

  • 不在者投票宣誓書兼請求書
    次のファイルを印刷、必要事項を記入したのち、八幡市選挙管理委員会事務局まで郵送してください。
  • 郵送先
    郵便番号:614-8501
    京都府八幡市八幡園内75
    八幡市選挙管理委員会事務局

オンライン請求について

八幡市以外の市町村に滞在中で不在者投票を行う場合、「京都府・市町村共同電子申請システム」により、投票用紙等の請求をオンラインですることができます。

「第25回参議院議員通常選挙にかかる不在者投票の請求」へのリンク(別ウインドウで開く)

ただし、利用するにはマイナンバーカード(署名用の電子証明書が格納されているもの)や利用環境が必要です。詳しくは上記をクリック後、「動作環境について」をご確認ください。(「1.OS/Webブラウザ」および「4.署名ありの手続きをご利用の場合に必要となる環境」をご覧ください。なお、公的個人認証の電子証明書および利用環境も必要となります。「4.署名ありの手続きをご利用の場合に必要となる環境」の「3)電子証明書の入手」の公的個人認証サービスポータルサイトもあわせてご覧ください。)

病院や老人ホームに入院・入所している場合

病院や老人ホームなど指定された施設に入院・入所しておられる方は、その施設において不在者投票ができます。

希望される方は、各施設の事務所等に申し出てください。事務所から選挙管理委員会へ請求されます。

ただし、手続きに日数がかかりますので、早めに申し出てください。

転居・転入出は投票所に注意

市内で転居したら

市内で住所変更された場合は、届出日によって投票所が変わります。

【今年6月24日までに届け出た場合】

新しい住所の投票所で投票していただくことになります。

【今年6月25日以降に届け出た場合】

転居前の住所で選挙人名簿に登録されていますので、旧住所地で投票していただくことになります。この場合「投票所入場券(ハガキ)」が届かないことがありますので、選挙管理委員会で選挙人名簿への登録の有無を確認し、投票日当日、投票所で入場券の交付を受けてください。

他の市町村へ転出したら

他の市町村へ転出した人でも、八幡市で投票することができる可能性があります。転出後一定期間(原則的に4ヶ月間)は、市の選挙人名簿に登録されているためです。これらの方へは「投票所入場券」に代えて「投票のお知らせ」のはがきを送付します。そのはがきに投票方法が記載されています。

他の市町村から八幡市内に転入したら

他の市町村から4月4日以降に八幡市に住民登録をした人で、前住所地の選挙人名簿に登録されている場合、その市町村の投票所で投票することができます。この場合、前住所地の選挙区の候補者を選ぶことになります。なお、事前に前住所地の選挙人名簿に登録されていることを確認しておいてください。短期間に(約半年)に2回以上、住所変更(市内転居を除く)をされていると、今回の選挙では投票できない場合がありますのでご注意ください。

前住所地が遠方の場合、不在者投票をすることができます。手続きに時間を要しますので、なるべく早く前住所地の選挙管理委員会へ問い合わせてください。

在外選挙制度について

国政選挙に限り、海外に長期滞在されている人も投票することができます。

投票を希望される人は、事前に在外選挙人証の交付を受けておく必要があります。

滞在されている国の日本大使館や領事館等へ申し出ていただき、在外選挙人の登録手続きをしてください。

選挙区選挙、比例代表選挙のいずれも投票できます。

候補者・名簿等届出政党等一覧および選挙公報

参議院議員通常選挙の候補者情報等は、リンク先(京都府選挙管理委員会)をご覧ください。

【京都府選挙管理委員会ホームページ】候補者・名簿等届出政党等情報へのリンク(別ウインドウで開く)

なお、選挙公報は、選挙期日の2日前までに各世帯に配布されます。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局

電話: 075-983-5635

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


7月21日執行の「参議院議員通常選挙」についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る