ページの先頭です

ご用心!

[2019年8月9日]

ご用心!災害に便乗した悪質商法

【事例】

(1)屋根の無料点検後、このまま放置すると雨漏りすると言われ高額な契約をさせられた。豪雨で雨漏りし、修理してもらったが、さらにひどくなった。

(2)屋根の修理工事を火災保険の保険金の額で行うという業者がいるが信用できない。

(3)ボランティアを名乗る女性から募金を求める不審な電話があった。

【アドバイス】

(1)修理工事等は契約を迫られても、その場では決めず、複数の業者から見積もりをとるなどをして、慎重に対応しましょう。契約後でも、クーリング・オフができる場合もあります。

(2)保険や公的な制度については、業者の説明をうのみにせず、必ず保険会社や自治体に確認しましょう。

(3)個別に募金を求められる場合は注意が必要です。寄付をする際は、寄付を募っている団体等の活動をよく確認して、信頼できる団体かを見極めましょう。

電話は常時留守番設定にし、心当たりのない電話には、出ないようにしましょう。出てしまった場合でも金銭を要求されるなど、不審な電話はすぐに切りましょう。

災害に便乗した悪質商法が災害発生地域以外でも発生していますので十分注意してください。気になることがあれば一人で判断せず、生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 生活情報センター
電話: 075-983-8400 ファックス: 075-983-8401

ご用心!への別ルート

ページの先頭へ戻る