ページの先頭です

SF(催眠)商法に注意してください

[2020年3月24日]

複数の市民の方から、SF(催眠)商法と思われる相談が寄せられています。

聞き取りしました内容は、「近くにある店舗に、決まった時間に高齢者が多く集まっていて、SF商法ではないかと思う。」「親がひんぱんに店舗に通い、100円でたくさんの商品をもらってきている。高い商品を買わされないか心配している。」というものです。

SF(催眠)商法とは

締め切った会場に人を集め、商品を無料や低価格でプレゼントし、雰囲気を盛り上げた後、冷静な判断ができなくなった来場者に、高額な商品を契約させる手口です。また、ひんぱんに店舗に通ううちに、個別に声をかけられ、高額な商品を購入させられる手口もあります。

被害にあわないためには

無料や低価格の商品をもらうことを目的に行っていても、会場の雰囲気や販売員の親切な対応により、高額な商品の購入を断れない状況になることもあります。会場に近づかないことが第一です。

購入してしまった場合でも、8日以内はクーリング・オフできます。少しでも不審と思われる場合や、対応に困った場合は、生活情報センター(983-8400)にご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 生活情報センター
電話: 075-983-8400  ファックス: 075-983-8401

SF(催眠)商法に注意してくださいへの別ルート

ページの先頭へ戻る