ページの先頭です

八幡市中小企業者等事業継続支援金について

[2020年7月20日]

八幡市では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が減少し、特に深刻な影響を被っている市内の中小企業・個人事業主等で、事業継続のために融資を受けた方に対し、「八幡市中小企業者等事業継続支援金」を支給します。

支給額

10万円(複数の融資を受けていても、1事業者につき10万円まで)

対象者

新型コロナウイルス感染症の影響により、以下の融資制度による融資を受けた事業者で、融資が実行された日の3か月以上前から支援金を申請する日までの間、八幡市に住所(法人にあっては、所在地)を有する中小企業者等、または八幡市に支店や営業所、工場等の事業所がある中小企業者等

融資制度

(1)京都府中小企業融資制度(民間金融機関取扱)

  1. 新型コロナウイルス対応緊急資金
  2. 災害対策緊急資金
  3. あんしん借換資金(危機関連枠)
  4. 新型コロナウイルス感染症対応資金

(2)日本政策金融公庫の融資制度

  1. 新型コロナウイルス感染症特別貸付
  2. 新型コロナウイルス対策マル経融資
  3. 経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)
  4. 生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付
  5. 生活衛生改善貸付
  6. 衛生環境激変特別貸付

(3)商工組合中央金庫の融資制度

  1. 危機対応融資

申請手続等

1.申請期間

令和3年2月26日(金曜日)午後5時まで

2.申請方法

以下の申請書類を八幡市役所 商工観光課までご持参ください。

3.申請書類

1.八幡市中小企業者等事業継続支援金交付申請書兼請求書(様式1)

(注)振込先の口座は申請者ご本人名義の口座に限ります。法人の場合は、当該法人の口座に限ります。

2.対象の融資制度に関する借入がわかる借用書の写しや金銭消費貸借契約書の写し

3.以下のいずれかの書類

(1)申請者の住所地(法人にあっては本社所在地)が八幡市内の場合

個人事業主:融資が実行された日以降に取得した住民票の写し

法人:融資が実行された日以降に取得した登記事項証明書の写し

(2)申請者の住所地(法人にあっては本社所在地)が八幡市外で、支店や営業所、工場等の事業所が八幡市内にある場合

融資が実行された日の3か月以上前から支援金を申請する日までの間、八幡市内に事業所があることがわかる書類

(例:会社のパンフレット、ホームページの写し、各種営業許可証の写し、賃貸借契約書の写し など)

4.誓約書(様式2)

交付決定および支給

支援金の申請後、提出された書類等を基にその内容を審査し、支給を決定したときは、後日、支給決定した旨の通知書を発送し、請求書に記載された指定口座に支給します。また、審査の結果、不支給とすることを決定したときは、不支給決定した旨の通知書を発送します。

その他

支援金の支給決定後に、要綱の規定に違反する事実、申請書類の不正等が発覚した場合や融資制度による融資が取り消された場合は、支援金の支給決定を取り消します。既に支援金を支給していた場合は、八幡市に支援金の全額を返還していただきます。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部商工観光課

電話: (商工観光係)075-983-2853(自動車処理事業対策係)983-2859

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


八幡市中小企業者等事業継続支援金についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る