AED(自動体外式除細動器)設置公共施設

AED(自動体外式除細動器)とは?

AEDとは、電気ショックを行うための機械です。コンピューターが自動的に心電図波形を調べ、心室細動を認識すれば、電気ショックが必要であると音声で指示してくれますので、一般の人でも簡単に操作することができます。 

心臓が突然止まるのは、心臓がブルブルと細かく震える「心室細動」によって起こることが少なくありません。この場合には、できるだけ早く心臓に電気ショックを与え、心臓の震えを取り除くこと(これを「除細動」といいます)がとても重要です。

心室細動になってから電気ショックを行うまでの時間が1分遅れるごとに、約7〜10パーセント、生存退院のチャンスが低下することが知られています。このことから、傷病者の命を救うためには、現場に居合わせた人による、早い除細動が有効であることがわかります。

最近では、いろいろな場所にAEDが備え付けられており、その場に居合わせた人にAEDを活用してもらうことで、今まで救急隊を待っていただけでは助からなかったかもしれない人々の命をつなげることを目指す動きが広がっています。

皆さんも外出先等で設置されているAEDを探してみてください。そして、万が一、その付近で誰かが突然倒れた時は、AEDを使用して救命に役立ててください。


もしもの時のための救命講習

八幡市消防本部では、AEDの取り扱いや心肺蘇生法を含めた普通救命講習会を開催しています。緊急時に落ち着いて行動するためにも救命講習を受けておくことが大切です。

詳しくは、消防本部 警備課 救急係(電話:981-4119)まで、問い合わせてください。


八幡市内AED設置公共施設一覧表

地図はこちら→施設マップ(別ウインドウで開く)にてご覧ください。


AEDの使い方

心肺蘇生法とAEDの使用(総務省消防庁)(別ウインドウで開く)


お問い合わせ
八幡市役所 ・消防本部・警備一課・警備二課
電話:(警備一係・二係/救助一係・二係/救急一係・二係)075-981-0399
FAX:075-971-9849
お問い合わせフォーム
[トップ]
[八幡市役所]