ページの先頭です

口約束なのに自由にキャンセルできないの?

[2020年3月10日]

事例

2日前にケーキを電話で注文した。今日、他に美味しいと評判の店を見つけたので、注文をキャンセル(解約)したら断られた。口約束だけで注文書など書類は一切もらっていない。(40歳代・女性)

アドバイス

今回の場合は、口約束をしているので解約はできません。契約は、契約の内容を示して申込みと承諾の意思の合致があれば、口約束でも成立します。契約の成立には、特別の決まりがある場合を除き、注文書や契約書を取り交わす必要はありません。

契約が成立するとお金の支払いをしていなくても一方的に解約はできません。そのためお店で購入後、自己都合での返品はできません。レシートを見せることで返品・返金してもらえることがありますが、そのお店のサービスなので、誤解の無いようにしましょう。

4月1日から、改正民法が施行されます。民法は消費者以外の事業者にも適用される最低限のルールなので、消費者の権利を守るためには不十分です。そこで、消費者契約法は消費者が行う取引の特別ルールを定めています。確認されるのも良いでしょう。

対応に困ったことがあれば、生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市生活情報センター
電話075-983-8400 ファックス075-983-8401

口約束なのに自由にキャンセルできないの?への別ルート

ページの先頭へ戻る