ページの先頭です

引っ越しの段ボールの受け取り、荷物の破損に注意!

[2021年3月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

事例1

引っ越し業者に見積もりを頼むと、無料だと言われて段ボールを受け取った。その後、キャンセルすると、送料を負担して段ボールを返すように言われた。

事例2

引っ越し後、パソコンが壊れていたので業者に弁償を求めたが、パソコンがあるとは聞いていなかったと言われ、弁償してもらえない。

事例3

引っ越し後、箱から食器を出すと割れていた。引っ越し業者に連絡したが、引っ越しから3カ月を超えると責任がないと言われた。

アドバイス

本来、見積もりを取っただけでは契約は成立しませんが、契約は口頭でも成立します。契約の申し込みと受け取られる言動には注意し、契約前には段ボールを受け取らないようにしましょう。引っ越しの契約では、多くの業者は国が定めた標準引越運送約款を使用しており、パソコンなどの電子機器や壊れやすい物など、運送上特に注意が必要な物は事前に申告が必要です。荷物の破損や紛失の場合、利用者が業者に申し出る期間は、荷物を受け取った日から3カ月以内で、申し出がない場合は業者の責任も3カ月でなくなります。引っ越し作業前の状態を写真などで記録しておき、作業終了後、速やかに問題がないか確認しましょう。困ったことがあれば、生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市生活情報センター
電話075-983-8400 ファックス075-983-8401

引っ越しの段ボールの受け取り、荷物の破損に注意!への別ルート

ページの先頭へ戻る