ページの先頭です

学生にもトラブルが多い「転売ビジネス」に注意!

[2021年5月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

事例1

SNS(交流サイト)で知り合った人から、「少しの時間で月2万円から3万円の収入になる仕事」を紹介された。「仕入れサイトで商品を選び、フリマサイトに出品し買い手がついたら、仕入れサイトから商品を発送する。仕入れと出品の差額が収入になる」と言われた。月会費5千円を支払って出品を始めたが売れない。そもそも仕入れサイトの商品が少ない。(20歳代・女性)

事例2

友人からネットビジネスに誘われ、カフェで友人と一緒に転売ビジネスを教えるという男性に会った。ビジネスのノウハウを教わるために50万円請求され、消費者金融で借りてその場で男性に手渡したが、契約書などの書面は何も受け取らなかった。男性から稼ぐためのノウハウを聞いたが役に立たなかった。返金してほしいが、男性のSNSアカウントしかわからず、返信がなくなってしまった。(20歳代・女性)

アドバイス

転売ビジネスに関する情報は、インターネット上にも多数見られますが、「稼げなかった」というトラブルが絶えません。「儲からなければ返金保証」とあっても、返金の条件をよく確かめましょう。契約してしまっても、取り消しができる場合があります。まずは生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市生活情報センター
電話075-983-8400 ファックス075-983-8401

ページの先頭へ戻る