ページの先頭です

基本給付2に該当する方の申請手続き

[2020年8月12日]

基本給付:申請が必要です

申請者および生計を同じくする扶養義務者の平成30年の年間収入(所得)が以下の基準額以下である方が対象となります。必要書類を添えて、子育て支援課へ提出してください。

(注1)申請者が生計を同じく養っている親族(児童含む)数により、以下のとおり収入(所得)基準額が定められています。扶養親族数は平成30年12月31日時点の数になります(課税証明書等に記載の扶養人数)。

(注2)収入には給与収入、事業収入、不動産収入、公的年金収入(非課税年金も含みます。)等のほか,養育費(父または母の場合のみ)を含みます。計算方法等は申立書でご確認ください。

(注3)原則、収入額で審査を行いますが、希望される場合は所得額で審査することもできます。

収入(所得)基準額表

扶養親族の人数に応じた基準額をご案内します。扶養親族によっては加算がつく場合がありますので、詳しくはお問合せください。

収入基準額表
申請者(養育者を除く)扶養義務者、配偶者、養育者
扶養親族数基準額扶養親族数基準額
0人3,114,000円0人3,725,000円
1人3,650,000円1人4,200,000円
2人4,125,000円2人4,675,000円
3人4,600,000円3人5,150,000円
4人5,075,000円4人5,625,000円
5人5,550,000円5人6,100,000円
(注)6人以上いる場合は,1人増えるごとに475,000円を加算してください。
所得基準額表
申請者(養育者を除く)扶養義務者、配偶者、養育者
扶養親族数基準額扶養親族数基準額
0人1,920,000円0人2,360,000円
1人2,300,000円1人2,740,000円
2人2,680,000円2人3,120,000円
3人3,060,000円3人3,500,000円
4人3,440,000円4人3,880,000円
5人3,820,000円5人4,260,000円
(注)6人以上いる場合は,1人増えるごとに380,000円を加算してください。

提出書類

  • 基本給付申請書(公的年金等受給者用)
  • 簡易な収入額の申立書 (注1)
  • 簡易な所得額の申立書(所得額で算定を希望する場合のみ)(注1)
  • 各収入額がわかる書類 (注2)
  • 申請者と対象の子どもの戸籍謄本(児童扶養手当の認定を受けている(申請している)方は不要です。) (注3)
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保健証など)の写し
  • 受取口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカードなど)の写し

(注1) 申請者と生計を同じくする扶養義務者等がいる場合、「簡易な収入(所得)額の申立書」は、申請者本人用および扶養義務者等用の両方を提出してください。

(注2)平成30年分の収入がわかる書類(確定申告書の控え,年金振込通知書など)。計算方法等詳しくは、「簡易な収入(所得)額の申立書」の注意事項をご確認ください。

(注3) 児童扶養手当の支給要件が障害、遺棄、保護命令、拘禁の場合は追加書類が必要となります。子育て支援課にお問合せください。

追加給付:申請が必要です

追加給付申請書を子育て支援課へ提出してください。

(注)収入額等がわかる書類の提出は不要ですが、申請日から5年間は、申請内容に疑義が生じた等の場合に、収入が減少したことを示す書類の提示または提出を求めることがあるため、求められた場合に当該書類を提示(または提出)できるようにしておいてください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所福祉部子育て支援課

電話: (児童育成係/支援係)075-983-1112(家庭児童相談室)983-3148

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


基本給付2に該当する方の申請手続きへの別ルート

ページの先頭へ戻る