ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

閉じる

あしあと

    中古車の強引な買い取りに注意! 口約束でも契約になります 

    • [公開日:]
    • ID:6980

    ここ数年の半導体不足の影響による新車販売台数の減少から、新車への買い替えが減り、中古車の登録台数も減少しています。そのため、事業者は中古車の買い取りに力を入れており、強引な勧誘やキャンセル料に関する相談が寄せられています。

    事例1

    車の査定を3社に依頼した。1社目から約320万円が提示され、「他社の査定額を聞いてから決めたい」と伝えたが、強引な態度で居座られ、やむなく契約した。その当日、他社の査定額のほうが高かったため、1社目に断りを入れたところ、解約できないと言われた。(20歳代・男性)

    事例2

    査定サイトに登録後、事業者が来て「15万円で買い取る」と言われた。「少し考えたい」と伝えると、「特別に50万円で買い取る」と言うので契約した。その後、別の事業者から「70万円で買い取る」と言われ、最初の事業者にキャンセルを伝えると、キャンセル料10万円を請求された。(20歳代・男性)

    アドバイス

    車の売却はクーリング・オフの対象外です。口約束でも契約は成立し、一方的な解約はできません。複数の事業者からの査定額が出そろうまで売却先を決めないようにしましょう。また、キャンセル料が事業者の平均的損害額を超えると判断される場合は、消費者契約法により無効となる可能性があります。困ったときは生活情報センターまでご相談ください。


    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます