ページの先頭です

令和3年度八幡おうえん飲食券の利用が開始されました(使用期限は令和4年2月28日まで)

[2021年11月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

飲食券について

市では、昨年度に続き、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている住民生活および飲食店等の経済活動支援のため、八幡おうえん飲食券事業を実施します。

つきましては、市内の取扱店での飲食や食品購入する際にご利用いただける飲食券(1人につき2,000円分)を、10月に世帯人数分まとめて世帯主宛に、ゆうパックにて配付しました(注)。

(注)お手元に飲食券が届いていない方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

飲食券の使用期限は、令和4年2月28日(月曜日)までです。

ご利用に際しては、引き続き、感染防止にご留意いただきますよう、お願いします。取扱店によっては店内飲食だけでなく、持ち帰り(テイクアウト)や宅配(デリバリー)も対象ですので、積極的にご利用ください。

「新型コロナウイルス感染症に関する国や京都府からの情報について」 (市ホームページ)へのリンク(別ウインドウで開く)

八幡おうえん飲食券が使用できる店舗一覧は、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

飲食券取扱店一覧

配付対象者

世帯人数1人につき2,000円分(500円分を4枚綴りにした冊子)の飲食券を令和3年8月20日時点で本市に住所を有する世帯主宛に送付

有効期間

令和3年11月1日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで

(注)有効期間の延長はございません。

飲食券取扱店

市内の飲食店、キッチンカー、食料品店(スーパーマーケット、コンビニエンスストアを除く)で八幡おうえん飲食券の取扱店として登録された店舗にて使用できます。【店頭にポスターが掲示されています。】

(注)取扱店の登録を検討されている事業者の方は、下記のリンク先をご覧ください。

【事業者の皆さまへ】令和3年度八幡おうえん飲食券取扱店を募集しています。(11月30日まで)へのリンク

(注)取扱店の一覧は、飲食券と同封のリーフレット、もしくは、上記「八幡おうえん飲食券取扱店一覧」にてご確認ください。また、取扱店の店頭には「八幡おうえん飲食券 当店で使えます」と書いたポスター(下記画像参照)が掲示されています。

(注)取扱店は、自らが感染予防対策に取り組むことを宣言している京都府の「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン推進宣言事業所」となっています。今年度は、これに加え、「京都府新型コロナウイルス感染防止対策認証店」の認証も受けた店舗もあります。該当店舗は上記のダウンロードファイルにて掲載していますので、ご覧ください。

取扱店掲出ポスター

よくあるご質問・回答(FAQ)

<飲食券の配付について>

Q.飲食券が届いていません。

A.市商工観光課にお問い合わせください。なお、配付の際、ご不在だった場合は、不在連絡票が郵便受け等に投函されています。不在連絡票に記載の保管期間が過ぎていても、11月4日まで山城八幡郵便局で受け取り・再配達(本人確認が必要)ができます。受け取りの際は、不在連絡票が必要となりますが、見当たらない場合は、その旨お伝えください。

なお、11月5日以降の取り扱いについては、市商工観光課にお問い合わせください。

飲食券の受け取りに関するお問い合わせ先

  • 11月4日まで
    山城八幡郵便局(電話番号:0570-943-419)
  • 11月5日以降
    市商工観光課(電話番号:075-983-2853)

Q.住民票の住所に居住していません。どのように受け取ればよいですか。

A.住民票の住所と異なる場所に送付を依頼される場合は、下記の「八幡おうえん飲食券 送付先変更届」に送付先住所、氏名等を記載の上、世帯主の身分証明書類の写しを添付して市商工観光課まで提出してください。

<飲食券の使用について>

Q.飲食券取扱店は何で確認できますか。

A.取扱店であるかどうかは、飲食券に同封のリーフレット、上記「飲食券取扱店一覧」にてご確認ください。また、取扱店には、「八幡おうえん飲食券 当店で使えます」と記載されたポスターが掲示されています。

Q.飲食券を使い切れなかったら、どうなりますか。

A.有効期限である令和4年2月28日(月曜日)を過ぎると無効となり利用できません。未使用の飲食券の払い戻し等はできませんので、有効期間内にご利用ください。

Q.お釣りは出ますか。

A.飲食券1枚(500円分)で400円のお買い物をされた場合は、お釣りは出ませんので、お釣りの出ないようにご利用ください。

Q.持ち帰り(テイクアウト)や宅配(デリバリー)にも使えますか。

A.使用できる店舗がありますので、詳しくは、飲食券に同封のリーフレット、上記「飲食券取扱店一覧」にてご確認ください。

Q.利用できない商品・サービスはありますか。

ギフト券、各種金券、プリペイドカード等、換金性のあるものを購入する取引や原材料の仕入れ、買掛金の支払い等業務用の取引には利用できません。また、取扱店によっては、飲食券の利用ができない商品・サービス等がある場合があるため、詳しくは取扱店にご確認ください。

配偶者からの暴力等を理由に八幡市に避難されている人へ

令和3年8月20日時点で配偶者からの暴力等により住民票を移すことができなかった人は、一定の要件を満たす場合、下記申出書を提出することで世帯主でなくても飲食券を受け取ることができます。申出書に必要事項を記入し、必要書類を添えて商工観光課までご提出ください。

お問い合わせ

八幡市商工観光課 電話番号075-983-2853

上記の「送付先変更届」や「申出書」を郵送いただく場合は、「郵便番号614-8501 京都府八幡市八幡園内75 八幡市役所 商工観光課 八幡おうえん飲食券担当」まで。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

令和3年度八幡おうえん飲食券の利用が開始されました(使用期限は令和4年2月28日まで)への別ルート

ページの先頭へ戻る