ページの先頭です

<妊娠中の方へ>新型コロナワクチンの接種について

[2021年8月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナワクチンは、妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も接種することができます。

日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。

妊娠後期に感染した場合、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告されています。

したがって、厚生労働省および産婦人科の関係学会では、妊娠中の時期を問わず、mRNAワクチン(ファイザー社・武田/モデルナ社のワクチン)の接種を推奨しています。

接種をお悩みの方は、以下もご覧ください。

厚生労働省のホームページ

八幡市での新型コロナワクチン接種について

妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は重症化しやすく、早産のリスクも高まるとされています。こうしたことから、令和3年8月31日から妊娠中の方および配偶者等を、年齢に関わらず接種予約対象者とします。

また、八幡市が把握している妊娠中の方に対しては、個別に案内を送付いたしますので「接種を希望しているが、予約が取れない」場合は、同封されている用紙をご返送いただきお知らせください。ご返送いただきました方には、電話もしくは郵送にてご連絡し、接種していただけるように調整いたします。

(注)ワクチン接種は強制ではありません。ワクチン接種による感染予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、事前に健診を受けている主治医に相談し、接種して良いかを確認のうえ、ご判断ください。

(注)国からのワクチン供給量が当初の見込みを下回り、ワクチン接種の予約が取りづらい状況が想定されます。今後、ワクチンの供給量に合わせて順次受付していきますので、ご理解をお願いいたします。

対象者

妊娠中の方(母子健康手帳をお持ちの方)と、同居する配偶者またはパートナー

(注)出産のため里帰りしている方も対象になります。

予約開始日

令和3年8月31日(火曜日)から

注意事項

  • 新型コロナワクチンを接種するには、必ず事前に予約が必要です。接種を希望される場所によって予約方法が違いますので、事前に確認の上、ご予約をお願いいたします。
  • 接種前に、健診を受けている主治医に必ず相談し、接種してよいかを確認してください。
  • 接種当日は、接種券、予診票(記入済みのもの)、健康保険証等本人確認書類、母子健康手帳をご持参ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: (健康増進係)075-983-1116(予防係)983-1117(保健係)983-1115

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る