ページの先頭です

産後ケア事業について

[2023年5月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八幡市では、出産後も安心して子育てができるように、妊婦さんの乳房のケアや授乳に関する指導受けたり、育児相談をすることができる産後ケア事業を行っています。

対象者

八幡市内に住民票があり、かつ八幡市内にお住まいの産後4ヵ月未満(居宅訪問型については産後1年未満)の産婦とその乳児で次のいずれかに該当する方

  1. 健康管理について心配や相談がある方
  2. 育児について心配や相談がある方
  3. 授乳について心配や相談があり、指導を受けたい方
  4. 心理的な不調がある方

ただし、医師による医療行為を要する方や、感染症の疑いのある方は対象外となります。

支援内容

(1)短期入所型と(2)居宅訪問型の2種類のサービスがあります。

それぞれのサービスでは、助産師が産婦の健康管理や生活面についての相談や指導、乳房のケアや乳房トラブルに関する相談や指導、心理面のケアなどを行います。
また、乳児の発達や発育など育児に関する相談や指導も行います。

各サービスの利用条件
種類 短期入所型 居宅訪問型
対象者産後4ヵ月未満の産婦とその乳児産後1年未満の産婦とその乳児
利用時間利用開始時刻から24時間以内の利用

月曜日から金曜日までの
午前9時から午後5時まで
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は除く)

利用上限

1回の出産につき3日まで
(1泊2日を1日とします) 

1回の出産につき3日まで
1日につき3時間まで 

1日あたり 利用者負担(注)

9,000円 2,000円 

(注1)八幡市に住民票があり、かつ八幡市内に居住する方が対象となります。

(注2)短期入所型は入所施設の空き状況により、ご希望に添えない場合があります。利用施設により、対象月齢が異なる場合があります。

(注3)非課税世帯および生活保護世帯は、事前に申請していただくことで無料になります。


利用方法

利用を希望される方は、「八幡市産後ケア事業利用申請書兼情報提供等同意書」にご記入の上、家庭支援課に提出してください。妊娠中にご申請いただくことも可能です。申請受付後に家庭支援課担当者からご連絡します。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康福祉部福祉事務所 家庭支援課

電話: (手当/子育て医療)075-983-1112、(家庭児童相談室)075-983-3148、(母子保健/予防接種)075-983-1115

ファックス: 075-983-1371

お問い合わせフォーム


産後ケア事業についてへの別ルート

PC版トップページへ