ページの先頭です
よくある質問

年の始めに家屋を取り壊した場合は

[2017年4月1日]

平成29年1月20日に取り壊した家屋についても、平成29年度の固定資産税および都市計画税が課税されています。なぜでしょうか。

回答

固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在に所在している固定資産を課税対象とし、その年の4月から始まる年度分について課税されます。

したがって、平成29年1月20日に取り壊された家屋も賦課期日である1月1日には存在していたことから、平成29年度の固定資産税および都市計画税が課税されます。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部課税課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


年の始めに家屋を取り壊した場合はへの別ルート

ページの先頭へ戻る