ページの先頭です

小・中学校の手続きについて

[2014年3月14日]

在学中の転入・転出・転居について

他市町村からの転入・転出および市内での転居により転校される場合は、以下のとおり手続きをしてください。

学校教育課で転入学通知書または転出学届をお渡しします。

転入

市外から市内の学校へ転入される場合は、次の順序で手続きをしてください。

  1. 市民課で住民異動届に必要事項を記入後、住民異動届を学校教育課へ提出する。
  2. 前の学校の在学証明書と教科用図書給与証明書を、指定した学校へ提出する。

※国立・私立等の小・中学校に在学している方も学校教育課で手続きをしてください。(区域外就学申請書(以下からダウンロード)、その学校の在学を証する書類が必要です。)

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

転出

市外へ転出される場合は、次の順序で手続きをしてください。

  1. 市民課で住民異動届に必要事項を記入後、住民異動届を学校教育課へ提出する。
  2. 学校から在学証明書と教科用図書給与証明書を受け取る。
  3. 在学証明書と教科用図書給与証明書を持参のうえ、新しい住所地の市役所などで異動の手続きを行う。

転居

市内の学校へ転校される場合

  1. 市民課で住民異動届に必要事項を記入後、住民異動届を学校教育課へ提出する。
  2. 前の学校から在学証明書と教科用図書給与証明書を受け取る。
  3. 在学証明書と教科用図書給与証明書を、指定された学校へ提出する。
    また、校区内の転居で転校しない場合も前記1の手続きをする。

※八幡長町、八幡樋ノ口および川口高原地区にお住まいの方は、京都市教育委員会の指定する学校へ就学となります。

住民票異動をされた場合は、学校教育課までお越しください。

こんな場合は届出を

次の場合は、学校教育課にご連絡ください。

  • お子さんが、視覚障がい、聴覚障がい、知的障がい、肢体不自由および病弱であるとき。
  • 病気、発育不全、その他の理由で就学の猶予または免除を望まれるとき。
  • 外国に移住または滞在し、現地学校に就学している方が、一時帰国中に八幡市立小・中学校への体験入学を望まれるとき。(期間は原則2か月以内とします。)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所教育部学校教育課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-983-1430

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る