ページの先頭です

蜂(はち)やヘビ等の駆除について

[2014年7月22日]

市では、個人宅等の市有地以外での蜂の巣やヘビ、その他害虫の駆除は行っていませんが、駆除業者の協会をご紹介しています。

  • JA白蟻サービスセンター、電話番号:0120-64-9302または075-643-2514(朝9時から夕方5時まで)
  • ペストコントロール協会、電話番号:075-752-8071(朝10時から夕方5時まで)

蜂駆除用防護服の貸し出しについて

取りやすい場所に蜂の巣があるなど、自分で駆除できる場合もあります。市では、その際にご利用いただく防護服を無料で貸出しています。

防護服の貸し出しは、市民の方を対象に1泊限りで貸し出しています。なお、数に限りがありますので、貸出しを希望される方は必ず事前に環境保全課までお問合せください。

防護服1 画像
防護服2 画像

防護服一式

防護服一式はかなり大きな箱に入っておりますので、お越しの際は、お車かバスでお越しください。

防護服の無料貸し出し 画像

蜂から身を守るために

  • 蜂は黒くて動くものに対して攻撃する性質があります。蜂がいそうな軒下や、野山に近づく場合は、白っぽい服を着ることをお勧めします。また、黒い髪の毛を隠す為に帽子をかぶることも大切です。
  • 香水や整髪料などの中には、蜂を興奮させる成分が入っているものがあります。自然の中へ出かける場合は、なるべく使用しない方が良いでしょう。
  • 蜂が発する「カチ、カチ」という音は警告音です。それ以上近づいたら攻撃するという合図です。あわてず、静かに遠ざかってください。
  • 蜂は足音などの振動や、大声による振動に対しても反応して攻撃してきます。

蜂に刺されたときは

速やかに毒液を取り除くことが大切です。刺された部分をつまみ、絞り出しながら水で洗い流してください。その後、抗ヒスタミン軟膏を塗ってください。

応急処置が済みましたら、すぐに最寄の病院で診察を受けてください。

ヘビの対処は

  • ヘビはそっとしておけば、いなくなります。
  • すぐに追い払いたいときは、距離を置いて棒のようなもので追い払うなどしてください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部環境保全課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


蜂(はち)やヘビ等の駆除についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る