ページの先頭です

特定外来生物にご注意ください

[2020年6月3日]

特定外来生物とは

「特定外来生物」とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、または及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。

特定外来生物は、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いが規制され、違反すると罰則が科せられます。

参考リンク:「特定外来生物等一覧」(環境省ホームページ)へのリンク
(別ウインドウで開く)

市民の皆様にお願いしたいこと

もし、野外で種類のわからないきれいな花やめずらしい生き物を見つけたとしても、うかつに持ち帰ったりしないようにしましょう。

また、生き物を飼育している場合は逃げないようにしっかり管理しましょう。いったん野外で広がってしまうと、生態系などに大きな被害をあたえ、取り返しのつかないことになります。

特定外来生物の例

  • オオキンケイギク
    5月から7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。強靱でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、苗が販売されたりしていました。しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまいます。
    もし、自宅に似た植物が生えている場合は、下記リンクを参考に駆除をお願いします。
特定外来生物オオキンケイギク
  • クビアカツヤカミキリ
    クビアカツヤカミキリは、幼虫がサクラ、モモなどの木を食い荒らし、枯らしてしまう外来生物です。2012年に日本国内で初確認されてから、各地に分布が拡大しています。
    京都府内ではまだ確認されていませんが、被害の拡大を食い止めるには、侵入後早期発見による駆除が重要です。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部環境保全課

電話: (環境政策係)075-983-2795(環境管理係)983-2798

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


特定外来生物にご注意くださいへの別ルート

ページの先頭へ戻る