ページの先頭です

合同防火訓練で人、文化財を守る

[2017年3月2日]

消火訓練にあたる同宮職員ら

         消火訓練にあたる同宮職員ら

石清水八幡宮で2月13日、「総合防火訓練」が行われ、同宮職員と消防隊員ら約30人が合同で緊急時の消火訓練にあたりました。同訓練は、昭和22年2月12日に火災で同宮社務所が全焼し、貴重な文化財を失ったことを教訓に毎年この時期に実施されています。参加者たちは、本殿西側の林からの出火を想定し、負傷者の救助や火元への放水を合同で行い、人や歴史ある文化財を守るための行動を確認していました。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る