ページの先頭です

児童虐待について

[2020年8月27日]

児童虐待の通告・相談窓口

児童虐待を見たり聞いたりしたときや「虐待かな?」と感じたときには、児童相談所などに連絡(通告)することが法律で義務づけられています。

  • 「児童虐待の連絡(通告)です」と告げてください。
  • 連絡(通告)は匿名で行うことも可能です。
  • 連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

(注)令和2年4月1日より、児童虐待の防止等に関する法律が改正されたことにより、親権者が子どものしつけに際して体罰を加えてはならないことが明文化されました。

児童虐待の原因はさまざまですが、望まぬ妊娠、相談できる人がいない、経済的不安などを抱えた家庭も多くみられます。子育て支援課(家庭児童相談室)では情報の確認を行ったうえで必要な対応を行うほか、関係機関で連携しながら良好な親子関係が築けるよう支援をしています。

(注)八幡市では2008年11月より、八幡市要保護児童対策地域協議会を設置してネットワークによる児童虐待の防止等に取り組んでいます。

連絡先

  • 児童相談所全国共通ダイヤル:189
    (注)児童相談所全国共通ダイヤルは、お住まいの地域の児童相談所につながります。一部のIP電話からはつながりません。通話料は無料です。
  • 八幡市役所 子育て支援課(家庭児童相談室):(075)983-3148
    (注1)閉庁時間帯は警備員室につながります。「児童虐待の連絡(通告)」と告げてください。
    (注2)連絡先を教えていただける場合は、子育て支援課から折り返しご連絡をいたします。

連絡(通告)していただく際のポイント

  1. いつ、何時ごろ
  2. どこで(場所や住所など特定できる情報)
  3. だれが(年齢や性別、子どもとの関係など)
  4. だれに(子どもの年齢や性別など)
  5. どんな風に(頻度や程度)

子ども見守りチェックリスト

チェックリストに該当しても虐待があるとは限りませんが、「虐待かも知れない」と思ったら、ためらわずに児童相談所全国共通3桁ダイヤル(189)や八幡市役所子育て支援課にご連絡ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

令和2年度八幡市要保護児童対策地域協議会の開催について

八幡市要保護児童対策地域協議会代表者会議

  • 日時:8月28日(金曜日)午後2時から
  • 場所:八幡市立生涯学習センター 2階 会議室2

会議の傍聴について

八幡市要保護児童対策地域協議会代表者会議傍聴要領により、以下の事項を遵守していただきます。

  • 会議当日、開催予定時刻の10分前までに傍聴の受付手続きを済ませてください。
  • 希望者が定員を超える場合は、くじにより傍聴人を決定します。
  • 会議を公開しない決定があった場合は速やかに退場をお願いします。

資料について

傍聴人には資料を貸し出します。会議終了後には必ず返却してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 福祉部 子育て支援課 家庭児童相談室
電話: 075-983-3148(直通)

児童虐待についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る