ページの先頭です

犬に関するQ&A

[2016年3月10日]

Q:市外から転入してきたのですが。

A:前所在地の鑑札を持参し、市役所環境保全課で転入手続きをしてください。

Q:市外へ転出するのですが。

A:現在の鑑札を持参し、新しい居住地の市役所または町村役場で手続きをしてください。

Q:犬を譲り受けたのですが。

A:前所有者の鑑札を持参し、市役所環境保全課で所有者変更等の手続きをしてください。

Q:鑑札・注射済票を失くしたのですが。

A:市役所環境保全課で再交付の手続きをしてください。(有料)

※鑑札は1600円で、注射済票は340円です。

Q:飼い犬がいなくなってしまったのですが。

A:保護、または情報が寄せられている場合がありますので、速やかに市役所環境保全課、警察、および京都府山城北保健所衛生室(別ウインドウで開く)(0774-21-2912)まで連絡してください。

Q:犬が亡くなったのですが。

A:鑑札を市役所環境保全課に持参し、手続きをしてください。(電話による手続きでも可能です。)

Q:犬を譲り受けたいのですが。

A:京都動物愛護センターに、新しい飼い主を募集している犬がいます。詳しくは、京都動物愛護センターへ問い合わせてください。

日時:月曜日から金曜日 午前9時00分から午後5時00分

(毎週木曜日は休所日。ただし、木曜日が祝日の場合は翌金曜日が閉所日。)

場所:京都動物愛護センター(京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地)

問い合わせ先:京都動物愛護センター 電話:075-671-0336

Q:犬(猫)が飼えなくなったのですが。

A:改正「動物の愛護および管理に関する法律」が平成25年9月1日から施行され、動物の飼主には、その動物が命を終えるまで適切に飼養する「終生飼養」の責任があることが、法律上明確にされました。
このため、次の場合では、保健所、保健センター等への犬猫の引取依頼があっても、原則お断りします。
  1. 新たな飼主を探す努力を行っていない場合
  2. 犬猫が老齢または病気であることを理由とする場合
  3. 子犬や子猫の引取依頼において、避妊去勢手術等の指示に従わない場合
  4. 引取りを繰り返し求められた場合
  5. 引っ越し先がペットを飼えない物件である等、飼養が困難であるとは認められない場合
  6. 犬猫の販売業者から引取依頼があった場合

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部環境保全課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る