ページの先頭です

運動をする前には準備運動を!!

[2014年3月14日]

どうして準備運動をするの?

これから始める運動に対して、筋肉や内臓にその準備をさせるためです。いきなり運動を始めると心臓や筋肉、関節にとって負担になり、心臓の事故や怪我の元になります。

準備運動の効果は?

身体を徐々に動かしていくと、体温が上昇し、組織や細胞の動きを活発にし、血液から細胞の酸素の交換も早くなります。

肺や心臓への運動への適応性の向上。準備運動で徐々に血液の流れを促し、心臓に無理のない準備をするべきです。

柔軟性の向上。体温が上がると、筋肉や関節などの各部の柔軟性が高まり、筋肉や関節に無理が高まり、筋肉や関節に無理がかかりにくくなる。

筋肉の傷害の予防。筋肉が冷えた状態で動くと、肉離れや腱断裂を起こす恐れがあります。

どうしてクーリングダウンが必要なの?

突然、運動を止めると筋肉中の血液の流れが滞ってしまいます。そのため徐々に心拍数を下げ、筋肉中の血液量を減らし各臓器に血液の流れを移行させる必要があります。

疲労回復の促進。クーリングダウンによって筋肉へ酸素がたくさん運ばれるため、乳酸の分解を促すことができます。また筋肉痛の予防にもなります。

 (スポーツ推進委員T.K)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所教育部社会教育課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-983-1430

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る