ページの先頭です

軽自動車税

[2017年4月1日]

軽自動車やバイクの税金は、毎年4月1日現在の所有者に課税されます。次のような場合はすみやかに手続きをしてください。

  1. 新しく所有することになったとき(購入や譲り受け)
  2. 第三者に譲渡したなど、当該車両等の所有者でなくなったとき
  3. 盗難等により所有者でなくなったとき(まず警察に盗難届を出しましょう)
  4. 他市町村への転出、他市町村からの転入等で住所が変わったとき

手続きは、

  • 125ccまでの原動機付自転車・小型特殊自動車については、市役所納税課で
  • 125ccを超える二輪車は、近畿運輸局京都陸運支局(電話:050-5540-2061)で
  • 三輪および四輪(660cc以下)の軽自動車は、軽自動車検査協会(電話:050-3816-1844)で

それぞれ手続きしてください。なお、手続きに必要なものについてはそれぞれ問い合わせてください。

125ccまでのバイクの登録および廃車の手続き方法

登録

新車の場合は、販売証明書と印鑑を、中古車の場合は、販売証明書もしくは廃車証明書(車名・車台番号・排気量が記入してあるもの)と印鑑を持参し、納税課窓口にある申告書に必要事項を記入してください。ナンバープレートと標識交付証明書を発行いたします。

廃車

八幡市のナンバープレートおよび標識交付証明書と印鑑を持参し、納税課窓口にある申告書に必要事項を記入してください。廃車証明書を発行いたします。

登録・廃車ともに世帯員以外の方が手続きされる場合は、所有者本人の委任状が必要です。(販売業者は除く)

軽自動車税年税額一覧表

車両の種類や、初回の車両番号指定年月によって、適用される税率が異なります。

原動機付自転車・軽二輪・小型特殊自動車・二輪の小型自動車

平成28年度より、全車種に新税率が適用されています。
原動機付自転車・軽二輪・小型特殊自動車・二輪の小型自動車の年税額一覧表
車種新税率 (参考)旧税率 
 原動機付自転車50cc以下 2,000円 1,000円
 原動機付自転車50cc超90cc以下 2,000円 1,200円
 原動機付自転車90cc超125cc以下 2,400円 1,600円
 ミニカー50cc以下 3,700円 2,500円
 軽自動車二輪 3,600円 2,400円
 小型特殊 農耕作業用 2,400円 1,600円
 小型特殊 その他のもの 5,900円 4,700円
 二輪の小型自動車 6,000円 4,000円

三・四輪の軽自動車

初回車両番号指定年月により、旧税率、新税率、重課税率のいずれかが適用されます。

  1. 旧税率
    平成27年3月31日以前に初回車両番号指定(登録)を受けた車両
     (初回車両番号指定年月から13年を経過するまで適用、その後は3.重課税率を適用)
  2. 新税率
    平成27年4月1日以降に初回車両番号指定(登録)を受けた車両
     (初回車両番号指定年月から13年を経過するまで適用、その後は3.重課税率を適用)
  3. 重課税率
     初回車両番号指定(登録)から13年を経過した車両
    (動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車は、重課税率の対象外)
三・四輪の軽自動車の年税額一覧表
車種標準税率(3)重課税率
(1)旧税率(2)新税率
軽自動車 三輪車3,100円3,900円4,600円
軽自動車 四輪乗用営業用5,500円6,900円8,200円
軽自動車 四輪乗用自家用7,200円10,800円12,900円
軽自動車 四輪貨物営業用3,000円3,800円4,500円
軽自動車 四輪貨物自家用4,000円5,000円6,000円

軽自動車税重課税率の適用年度

軽自動車税重課税率の適用年度表
初回車両番号指定年月(読替年月)重課税率適用年度
平成15年 → 平成15年12月平成29年度から
平成15年10月から平成16年3月平成29年度から
平成16年4月から平成17年3月平成30年度から
平成17年4月から平成18年3月平成31年度から
平成18年4月から平成19年3月平成32年度から
平成19年4月から平成20年3月平成33年度から
平成20年4月から平成21年3月平成34年度から
平成21年4月から平成22年3月平成35年度から
平成22年4月から平成23年3月平成36年度から
平成23年4月から平成24年3月平成37年度から
平成24年4月から平成25年3月平成38年度から
平成25年4月から平成26年3月平成39年度から
平成26年4月から平成27年3月平成40年度から
平成27年4月から平成28年3月平成41年度から
平成28年4月から平成29年3月平成42年度から
平成29年4月から平成30年3月平成43年度から

【初回車両番号指定年月が平成15年までの場合】
起算月の判定に関して、軽自動車に係る自動車検査証および軽自動車検査ファイル上、平成15年10月14日前に初めて車両番号の指定を受けた軽自動車については、その年月ではなく年のみが記載されている場合もあることから、初回車両番号指定月はすべて初回車両番号指定年の12月とし、重課が適用される。

【初回車両番号指定年月が平成15年10月14日以降の場合】
自動車検査証等に初回車両番号指定年月が記載されるため、左記年月で重課が適用される。

三・四輪の軽自動車に対するグリーン化特例(軽課)について

平成28年4月1日から平成29年3月31日までに初回車両番号指定(新車登録)を受けた三・四輪の軽自動車の内、排出ガス性能・燃費性能の優れた環境負荷の小さい車両(平成17年排出ガス基準値+75%低減達成車、ただし、電気・天然ガス自動車は平成21年排出ガス基準値+10%NOx低減達成車)は、その燃費性能に応じて、平成29年度軽自動車税に、グリーン化特例(軽課)が適用され、税額が軽減されます。
グリーン化特例(経課)税額の一覧表
車種電気自動車
天然ガス
自動車
平成32年度燃費基準+20%達成車
(貨物車:平成27年度燃費基準+35%達成車)
平成32年度燃費基準達成車
(貨物車:平成27年度燃費基準+15%達成車)
軽自動車 三輪車1,000円2,000円3,000円
軽自動車 四輪乗用営業用1,800円3,500円5,200円
軽自動車 四輪乗用自家用2,700円5,400円8,100円
軽自動車 四輪貨物営業用1,000円1,900円2,900円
軽自動車 四輪貨物自家用1,300円2,500円3,800円

その他

  • 年の途中で所有者になったり、所有者でなくなった場合も月割りはいたしません。
  • 心身障がいを持つ方の使用する軽自動車については、軽自動車税の減免制度があります。詳しくは納税課まで問い合わせてください。
  • 平成18年度分から、コンビニエンスストアでも納税できるようになりました。
  • 納付期限等については、市税の納付についてをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部納税課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る