ページの先頭です

住居確保給付金支給対象の拡大について(やちんのしえんです。がいこくごのあんないもあります。)

[2020年9月16日]

生活困窮者自立支援法(平成25年法律第105号)に基づく住居確保給付金について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、令和2年4月20日から支給要件が拡大されました。さらに4月30日より、ハローワークへの求職申込みが不要となりました。

事業の概要

離職・休業等による減収などで住むところがなくなった人や住む場所を失うおそれが高い人には、就職活動することを要件などに、一定期間、家賃相当額(上限有り)を支給します。

これまでの対象者は、離職・廃業から2年以内の方でしたが、令和2年4月20日以降は、離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方に拡大されました。

支給対象者

住居確保給付金の支給対象となる方は、次の1から8のいずれにも該当する方です。

  1. 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者または住居喪失のおそれのある者であること。
  2. 申請日において、離職、廃業の日から2年以内であること、または就業している個人の給与その他の業務上の収入を得る機会が当該個人の責めに帰すべき理由、都合によらないで減少し、当該個人の就労の状況が離職または廃業の場合と同等程度の状況にあること。
  3. 離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと。
  4. 申請日の属する月における、申請者および申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が、基準額に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額(収入基準額)以下であること。
  5. 申請日における、申請者および申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が基準額×6(ただし、100万円を超えないものとする。)以下であること。
  6. 誠実かつ熱心に求職活動を行うこと。
  7. 国の雇用施策による給付(職業訓練受講給付金)または自治体等が実施する離職者等に対する住居の確保を目的とした類似の給付等を、申請者および申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。
  8. 申請者および申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと。

ハローワークへの求職申し込みが不要になりました

これまで、ハローワークへの求職申込みが必要でしたが、4月30日より不要となり、さらに使いやすい制度になりました。

支給要件、ご相談等

支給要件等の確認、ご相談につきましては、八幡市生活支援課までお願いします。尚、新型コロナウイルス感染予防のため、申請および相談は原則予約制とさせていただいております。一度、事前にお電話でご連絡をお願いいたします。

(注)ご予約なしで来所いただくと、お待ちいただくこともありますので、まずお電話にて予約をお取りいただくようお願いいたします。

よくあるお問合せ

下記の添付ファイル「住居確保給付金案内」をご覧ください。

コールセンターが設置されました

厚生労働省に「住居確保給付金相談コールセンター」が設置されました。ぜひご活用ください。

申請書などがダウンロードできます

申請書などが事前にダウンロードできます。

  • 生活困窮者住居確保給付金支給申請書(様式1-1)
    (注)申請者本人が記入および押印。
  • 住居確保給付金申請時確認書(様式1-1A)
    (注)申請者本人が記入および押印。
  • 入居住宅に関する状況通知書(様式2-2)
    (注)表面は不動産媒介業者、裏面は申請者本人が記入・押印。

【注意事項】

  1. 表面、裏面があります。両面印刷ではなく、片面印刷でも問題ありませんが、必ず表面と裏面をご用意ください。
  2. 記入方法などは、生活支援課 相談支援係(075-983-1138)にお尋ねください。
  3. 上記3枚の書類の他に、本人確認書類(運転免許証、被保険者証等)、休業・離職関係書類、収入関係書類、金融資産関係書類、賃貸借契約書など必要なものがありますので、事前にお尋ねください。

申請書などは以下の添付ファイルからダウンロードできます。

外国人のみなさんへ(がいこくじんのみなさんへ)

英語(えいご)、韓国語(かんこくご)、中国語(ちゅうごくご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)、ベトナム語(べとなむご)、スペイン語(すぺいんご)の案内(あんない)があります。

こまったら、でんわしてください

あたらしい ころなういるすの えいきょうで しごとが なくなったなど せいかつに こまっているがいこくじんの そうだんをでんわ で ききます。

あなたを たすけることが できる しくみや にほんに いることの ために ひつような ことなどを おしえることが できます。

こまったことが あるときは でんわを かけてください。

FRESC ヘルプデスク(ふれすく へるぷですく)

でんわ 0120-76-2029 (げつようび から きんようび の ごぜん9じ から ごご5じ まで)

English(えいご)、中文(ちゅうごくご)、べとなむご、にほんご など 14 の くに の ことば で おはなし できます。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所福祉部生活支援課

電話: (庶務係)075-983-2872(保護第一係・第二係)983-1457(相談支援係)983-1138

ファックス: 075-983-1467

お問い合わせフォーム


住居確保給付金支給対象の拡大について(やちんのしえんです。がいこくごのあんないもあります。)への別ルート

ページの先頭へ戻る