ページの先頭です

木造住宅耐震診断士派遣事業【拡充・追加】

[2018年7月19日]

地震による建築物の被害を最小限にとどめるためには、建築物の耐震性を向上させることが重要です。それには、まず自分の家の耐震性を知ることが大切です。

市では、地震に強い安全なまちづくりのため、木造住宅の「耐震診断」を希望する住宅の所有者等に専門の知識を持つ耐震診断士を派遣しています。

平成30年6月18日の大阪北部を震源として発生した地震により市内でも多くの住宅被害が発生しました。市ではこれまで耐震性能の低い木造住宅に対し耐震診断および耐震改修に取り組んできましたが、このたびの被害状況を踏まえ、今回の地震でり災証明書が交付された木造住宅について補助対象を拡充します。

また、募集を中止しておりました本事業について、平成30年7月26日(木曜日)午前8時30分から市役所2階都市整備課にて募集を再開します。

募集戸数(第1次追加募集分)

70戸(先着順、募集戸数に達し次第受付を終了します。)

対象となる木造住宅

次のすべてに該当するもの

  • 昭和56年5月31日以前に着工され、現に完成しているものまたはり災証明書が交付されているもの
  • 延べ床面積の2分の1以上が住宅の用に供されているもの
  • 丸太組構法の住宅、旧建築基準法38条認定および型式適合認定によるプレハブ工法以外の住宅

受付期間

平成30年7月26日(木曜日)から平成31年1月31日(木曜日)(土曜日・日曜日・祝日を除く)

<受付時間:午前8時30分から正午/午後1時から午後4時>

必要書類

その他

申込者の費用負担として3,000円の支払いが必要です。(建物調査当日)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所都市整備部都市整備課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


木造住宅耐震診断士派遣事業【拡充・追加】への別ルート

ページの先頭へ戻る