ページの先頭です

木造住宅耐震シェルター設置費助成事業

[2020年4月30日]

事業概要

耐震シェルターとは、住宅の室内(主に寝室)に強固な構造物を設置し、地震によって住宅が倒壊しても生命を守る空間です。

市では、耐震診断の結果、倒壊の可能性があると判定された木造住宅を対象に、耐震シェルター設置費助成事業を実施します。

補助額:耐震シェルター設置費用の4分の3(最大30万円)

受付期間

  • 受付期間:令和2年5月18日(月)から令和3年1月29日(金)

(土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日までを除く)

  • 受付時間:午前8時30分から正午、午後1時から午後4時

(注)申請前にシェルター設置工事の契約締結および工事着手を行った場合は、補助対象外となります。

対象となる住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に着工されたもの
  2. 木造住宅で、延べ面積の2分の1以上が住宅の用に供されているもの
  3. 耐震診断結果の評点が1.0未満と診断されたもの
  4. 丸太組構法の住宅、旧建築基準法38条認定および型式適合認定によるプレハブ工法以外のもの
  5. 過去に木造住宅耐震改修費助成事業(簡易改修も含む)による助成を受けていないもの
  6. 令和3年2月末日までに設置工事完了を見込めるもの

(注)1から6のすべてに該当するものが対象となります。

補助対象となるシェルター

  1. 木造軸組耐震シェルター「剛建」 (有限会社宮田鉄工)
  2. 木質耐震シェルター (株式会社一条工務店)
  3. j.Pod(ジェイ・ポッド)耐震シェルター (j.Pod&耐震工法協会)
  4. 安全ボックス (株式会社アップルホーム)
  5. おとくにシェルター (お得に(乙訓)リフォーム)
  6. おとくにシェルター2号くん (お得に(乙訓)リフォーム)
  7. 耐震シェルター 平安24 (平安建設株式会社)
  8. パネル式耐震シェルター (SUS株式会社)
  9. ウッド・ラックルームシェルター「ひのき庵」 (新光産業株式会社)

(注1)平成31年3月20日時点のものです。

(注2)更新される場合がありますので、上記以外のシェルターについてはお問合せください。

必要書類

  1. 耐震シェルター申請書
  2. 対象住宅の所有者および建築年月がわかる書類
    (建築確認通知書、住宅の登記簿謄本、建築確認の奥書証明など)
  3. 申請者が対象住宅に居住していることが確認できる書類
  4. 耐震診断の結果報告書
  5. 耐震シェルター設置見積書(施工会社等の記名・捺印のあるもの)
  6. 耐震シェルター設置計画書(施工会社等の記名・捺印のあるもの)
  7. 市税の完納証明書(市役所税務課にて交付しています。1通当たり300円の手数料が必要です。)
  8. 耐震シェルター設置チェックリスト
  9. 木造住宅耐震シェルター設置費助成事業に係る同意書(木造住宅の所有者と居住者が異なる場合)

代理受領制度について

市では、市民の皆様が木造住宅の耐震改修等に取り組みやすくするために、「代理受領制度」を設けています。

詳しくは、「代理受領制度について」をご覧ください。

リンク:代理受領制度について(市ホームページ)

申請様式

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所都市整備部都市整備課

電話: (計画係)075-983-5049(指導係)983-5843(整備係)983-5259

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


木造住宅耐震シェルター設置費助成事業への別ルート

ページの先頭へ戻る