ページの先頭です

八幡市創業支援事業計画

[2018年7月19日]

産業競争力強化法に基づく「八幡市創業支援事業計画」が国の認定を受けました。

あなたの夢を応援します。~ワンストップによる創業相談窓口をご利用ください。

八幡市が創業支援機関と連携して起業・創業を支援する「八幡市創業支援計画」が、平成28年1月13日付で国から認定を受け、地域の創業促進のため、「八幡市創業支援事業計画」をスタートしました。

この計画に基づいて市のワンストップ相談窓口を通じて創業支援機関が実施する「特定創業支援事業」による支援を受けた方には、本市の証明により、国からの支援を受けることが出来ます。

ダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ワンストップ相談窓口とは?

ワンストップ相談窓口では、国、府、市等の支援施策を紹介し、相談内容に応じた支援機関を紹介します。

各創業支援機関と連携して、創業前の悩みごと相談から創業するまでの間に、準備することがいくつもありますが、ビジネスモデルの構築・創業計画書の作成から資金調達・補助金制度の活用など適切な創業支援を行い、夢の実現に向けて相談に応じます。

  • 事業を成功させるためには、創業の準備段階でしっかりとした創業計画を立てることが重要です。まずは創業前に次の点をチェックしておきましょう。

特定創業支援事業による支援

創業相談窓口、創業セミナーなどで実施する、創業にかかるビジネスプランの作成・構築、資金調達、補助金制度の活用など創業に必要となる要素に応じた4つのスキル「経営、財務、人材育成、販路開拓」が身につく支援を1ヶ月以上継続で、計4回以上受けていただきます

この特定創業支援事業による支援を受けた方には、市が証明書を発行します。

特定創業支援事業による支援を受けた方のメリット(国からの支援)

八幡市創業支援事業計画に基づく特定創業支援事業による支援を受け、証明書を取得された方は、創業にあたり国から以下の支援を受けることができます。

(1)会社設立時の登録免許税の軽減措置

会社を設立する場合に、登録免許税の軽減措置を利用することが可能となります。

  1. 会社設立時の登録免許税の軽減措置を利用することができる対象者は以下のとおりです
    (a)創業を行おうとする方
      事業を営んでいない個人
    (b)創業後5年未満の方
      事業を開始した日以後5年を経過していない個人
    ※既に会社を設立した者が組織変更を行う場合は対象外となります。
  2. 登録免許税の軽減措置の内容は、以下のとおりです
    (a)株式会社または合同会社は、資本金の0.7%の登録免許税が0.35%に減免されます(株式会社の最低税額15万円の場合は7.5万円、合同会社の最低税額6万円の場合は3万円減免されます)。
    (b)合名会社または合資会社は、1件につき6万円の登録免許税が3万円に減免されます。

(2)創業関連保証の特例

無担保、第三者保証人なしの創業関連保証を事業開始の6か月前から利用することが可能となります。

※なお、創業関連保証の特例を利用できる対象者は、創業を行おうとする方、事業を営んでいない個人となります。

(3)日本政策金融公庫新創業融資制度の自己資金要件充足

新創業融資制度の自己資金要件を充足したものとして、同制度を利用することが可能となります。

※なお、新創業融資制度は、創業前または創業後税務申告を2期終えていない事業者が利用可能です。

(4)日本政策金融公庫新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ

新規開業支援資金の貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することが可能となります。

市が連携する創業支援機関

八幡市商工会

山城地域ビジネスサポートセンター

(公財)京都産業21

京都信用保証協会山城支所

(株)日本政策金融公庫京都支店

(株)京都銀行八幡中央支店

京都中央信用金庫八幡支店

創業に向けてスタートしましょう

・・・・・創業準備をどれだけ整えられるかが、成功の鍵となります。・・・・・

まずは、ワンストップ相談窓口をご利用ください。

あなたの夢を八幡市が応援します。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部商工観光課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る