ページの先頭です

色鮮やかなツバキの競演

[2012年5月2日]

色鮮やかなツバキの競演

4月6日~8日の3日間、松花堂庭園・美術館などの共催で「第24回松花堂つばき展」が松花堂庭園で開催されました。赤、白、ピンクなど約600種の鮮やかな椿が、来場者の目を楽しませていました。

庭園には、生け花、鉢植えのほかに、純白の「白菊」やバラのような「光源氏」など、江戸時代から残っている江戸椿も展示。また、青色の花を咲かすといわれる幻の青い椿「清水椿」を再現しようと、白い椿を青い食用染料で染めて紹介しました。

ほかにも、椿をモチーフにした器や茶菓子でおもてなし。折り紙で椿のブローチを作る体験コーナーも設けられ、来場者はいろいろな椿の魅力を満喫していた。

つばき展に訪れた女性は、「初めて来ましたが、こんなに種類があるなんて驚きでした。」と笑顔で話していました。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る