ページの先頭です

「ヨッサー、ヨッサー」掛け声響く太鼓まつり

[2012年8月1日]

屋形太鼓を担ぎ勇壮に参道を練り歩く担ぎ手たち

屋形太鼓を担ぎ勇壮に参道を練り歩く担ぎ手たち

八幡の夏を彩る「太鼓まつり」が7月14日から18日まで行われました。「ヨッサー、ヨッサー」と威勢のいい掛け声と太鼓の音を響かせ、屋形太鼓が町内を練り歩きました。

同まつりは、石清水八幡宮の摂社・高良神社の例祭で、疫病退散や豊作を願って営まれまています。同神社に提灯を掲げたのが始まりとされ、約180年前(文政年間)、太鼓をのせた大きな屋形太鼓を組み、太鼓を打ち鳴らしながら練り歩く姿に発展したと言われています。

まつりが最高潮に達した18日夜、同神社前に二区、六区の屋形太鼓2基と子ども屋形太鼓4基の計6基が集結し、宮入りが行われました。

法被姿の担ぎ手たちが屋形太鼓を力強く上下左右に揺さ振りながら約100メートルの参道を勇壮に練り歩く姿に、境内に詰めかけた観客から拍手や歓声が沸き起こっていました。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策推進部秘書広報課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る