ページの先頭です

不適正な土砂の搬入にご注意!

[2020年7月14日]

市や府の許可を得ないで、土砂を山のように堆積したり、粗悪な建設残土で土地を埋め立てるなど、不適正な土砂の搬入事案が発生しています。こうした行為の責任や土砂の処分費用の負担は業者(行為者)だけでなく、土地所有者または管理者にも及ぶことになり、多大な損害を受けることになります。

被害に遭わないよう、自分の土地は自分で守りましょう。

防止しよう

  • 業者から無料で土地を埋め立てしますなどの“うまい話”があっても、安易に土地を貸さない。
  • 業者や事業の内容を確認し、不明な点は書面で提出させる。
  • 自分だけで判断せず、周囲の方や市・府に相談する。
  • 土地を定期的に見廻る。侵入防止柵や警告掲示板、防犯カメラを設置する。

注意しよう

  • 急に山林が伐採された
  • 空き地などに工事用の鉄板が敷かれた
  • 荷台の大きな(深枠)ダンプが出入りしている
  • 普段見かけない不審な人物がうろついている

土砂の埋立て・盛土・たい積には許可が必要です

500平方メートル以上の土砂埋立て等行為をする場合には、市や府の許可が必要です。(法令等の規定による許可または認可に基づき行う事業を除く。)

詳しくは、環境保全課まで問い合わせてください。

リンク「不法投棄は犯罪です」

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所環境経済部環境保全課

電話: (環境政策係)075-983-2795(環境管理係)983-2798

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る