ページの先頭です

上下水道料金について

[2017年11月1日]

上下水道料金

水道料金および下水道使用料は、通常2ヶ月に1回の請求となります。(使用開始・中止の際に端数が発生した場合のみ、1ヶ月料金で計算します。)

上下水道料金(合計請求額)=水道料金+メーター使用料+下水道使用料

平成30年4月分より上下水道料金を改定します

八幡市の水道料金は、平成10年10月の改定以後19年間据え置いてきましたが、水道料金収入の減少や受水費の値上がり等により、平成25年度から水道事業会計では赤字が続いています。
現在の状況や八幡市水道事業経営懇談会からの答申を踏まえ、水道料金を平成30年4月から平均で16.7%引き上げる改定を行います。市民の皆様につきましてはご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。
なお、下水道使用料については、城南衛生管理組合が汲み取り便所から収集したし尿等について、平成30年度から公共下水道で処理する方法に変更することで、収益の増加が見込めるため、平均で3.1%の引き下げを行います。

上下水道料金表および料金早見表

平成30年4月1日以降より(新料金)

平成30年3月31日まで(旧料金)

新料金の適用時期について

  • 奇数月検針の方は、平成30年5月請求分(3・4 月使用分)が新料金1ヶ月分と旧料金1ヶ月分の合算となります。
  • 偶数月検針の方は、平成30年6月請求分(4・5月使用分)から新料金となります。
  • 平成30年4月以降に新たに水道の使用を開始された場合は、全て新料金となります。
新料金の適用時期について

水道料金改定の背景

水道料金収入の減少

節水機器の普及や世帯構成の変化により、一世帯が使用する水道の使用量は年々減少しています。そのため、水道料金収入が減少しており、平成25年度から毎年赤字を計上しています。将来的には人口の減少が進むため、水道料金収入はさらに減少していくものと見込まれます。

給水収益(水道料金)と有収水量(使用水量)の推移

給水収益と有収水量の推移

老朽化対策や耐震化にかかる経費

水道の安定供給のためには、水道施設の維持管理や老朽管などの更新、耐震化に係る費用が必要です。現在の状況が続けば、赤字が累積し続け、平成35年度には資金がなくなり、水道施設や水道管の維持管理や更新ができなくなります。そうなれば、漏水事故のリスクが高くなり、断水が発生する等水道の供給に支障をきたします。また、地震等への備えも十分に行うことができなくなります。

料金改定を行わない場合の将来見通し

料金改定を行わない場合の将来見通し

京都府営水道からの受水費

八幡市では、市内で使用されている水の約半分を京都府営水道から受水し、受水費として京都府に支払っています。府営水道の受水費については、平成28年度に単価が改正され、八幡市では年間で約3,000万円の負担増加となりました。

水道料金とメーター使用料

上水道の使用料金の内訳として水道料金の基本料金・超過料金およびメーター使用料があり、このうち超過料金に関しては水道メーターを検針した水量によって決定します。

上水道使用料金=基本料金(固定)+超過料金(使用水量による)+メーター使用料(固定)

用途区分について

  • 普通用
    家庭や事業所、その他全般で使用するもの
  • 臨時用
    竣工検査前、新築や建替工事時に使用するもの(予納金が必要です)
  • 浴場用
    公衆浴場入浴料金の統制額の指定等に関する省令にて規定される公衆浴場において使用するもの

※集合住宅用料金を適用しているマンション・アパート等については別途計算になります。(→集合住宅料金についてへのリンク)

下水道使用料

公共下水道を使用される場合は、水道料金と同時に下水道使用料がかかります。下水道使用料は原則として水道の使用量に応じて決定され、水道料金と同時に請求させていただきます。ただし、井戸水を使用されている場合等は別途計算となります。

下水道使用料=基本料金(固定)+超過料金(使用水量による)

計算例(普通用)

(例)2ヶ月の使用水量が42立方メートル、メーター口径20ミリメートルで上下水道をともに使用している場合

  1. 水道料金
    基本水量12立方メートルまでの基本料金:1,580円
    128円 × 8立方メートル(13から20立方メートルの部分):1,024円
    155円 × 20立方メートル(21から40立方メートルの部分):3,100円
    170円 × 2立方メートル(41から42立方メートルの部分):340円
    小計:1,580+1,024円+3,100円+340円=6,044円
    消費税込:6,044円 × 108%=6,527円
    メーター使用料:200円
  2. 下水道使用料
    基本水量16立方メートルまでの基本料金:1,400円
    100円 × 4立方メートル(17から20立方メートルの部分):400円
    140円 × 20立方メートル(21から40立方メートルの部分):2,800円
    142円 × 2立方メートル(41から42立方メートルの部分):284円
    小計:1,400円+400円+2,800円+284円=4,884円
    消費税込:4,884円 × 108%=5,274円

上下水合計料金(42立方メートル、20ミリメートル口径):6,527円+200円+5,274円=12,001円

※料金は平成30年4月以降のもの

関連コンテンツ

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所上下水道部経営課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-983-7671

お問い合わせフォーム


上下水道料金についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る