ページの先頭です

関西大学外国語学部による英語を使った交流イベント

[2023年12月14日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八幡市では、近年、技能実習生を中心に外国人住民が増加しています。外国人住民との共生に向けては、外国人住民と地域住民がお互いの理解を深めることが重要です。

そこで、関西大学・UR都市機構・八幡市(・京都府)の「男山地域まちづくり連携協定」に基づく取組の一環として、関西大学外国語学部高橋秀彰研究室との協働により外国人住民と地域住民との共生に向けた取組を行っています。

英語を使った交流イベント「Have fun in(ハブファンイン) 八幡はちまんさん!」が開催されました

令和5年11月25日(土曜日)に、英語を使って楽しく交流するイベント「Have fun in(ハブファンイン)八幡はちまんさん!」が石清水八幡宮および石清水八幡宮研修センター清峯殿で開催され、中学生から大学生まで15名の学生が参加しました。

京都八幡高校ESS部との協働でイベントが開催され、初めに同校ESS部の学生が、夏休みに実施した外国人観光客へのインタビューの様子を1人ずつ英語で発表しました。高橋秀彰ゼミの学生による企画では、参加者は石清水八幡宮の歴史や神社での作法について、英語によるクイズ形式で学びました。その後、石清水八幡宮の本殿参拝や、グループに分かれ留学生と一緒に境内を散策しながら交流を図っていました。

参加者は今回のイベントを通じて、英語を使った交流の楽しさを感じ、英語を話したいという想いを育むきっかけとなった様子でした。

イベントの様子
イベントの様子
イベントの様子
イベントの様子

英語を使ったコミュニケーションに興味・関心を持ってもらうリーフレット「Let's Speak English!」が作成されました

関西大学外国語学部高橋秀彰研究室が、令和5年6月12日(土曜日)に開催した、近年増加している外国人住民との共生に向け、市民の方々が英語を使ったコミュニケーションに興味や関心を持ってもらうことを目的としたイベントを踏まえ、内容をまとめたリーフレットを作成しました。

英語を使用している国の特徴や歴史、英語に関するクイズ、関西大学留学生のスピーチ等が掲載されています。

英語を使った交流イベント「Let's Speak English!」が開催されました

令和5年6月10日(土曜日)に英語を使って交流するイベント「Let's Speak English!(レッツスピークイングリッシュ)」が、男山団地にある男山公民館で開催されました。当日は小学生から高齢の方まで、英語に興味のある方や話してみたい方26名が参加。

冒頭、高橋秀彰先生の「英語は日本人にとって難しい外国語なので、ネイティブスピーカーのように話せないのは当たり前です。日本人の英語でも、練習すれば言いたいことを相手に伝えられるようになるので、いろんな国の人と英語でコミュニケーションしてみましょう。」という挨拶からはじまり、参加者は学生が考えたゲームやクイズに留学生と一緒に取り組んだり、留学生とフリートークで交流するなど、英語でのコミュニケーションを楽しんでいました。

英語を話す機会に恵まれ、ネイティブスピーカーのように話さなくても、英語で交流できることを実感できた様子でした。

イベントの様子
イベントの様子
イベントの様子
イベントの様子

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所政策企画部市民協働推進課

電話: 075-983-5749

ファックス: 075-983-3593

お問い合わせフォーム


関西大学外国語学部による英語を使った交流イベントへの別ルート

ページの先頭へ戻る