ページの先頭です

平成29年度大人の風しんの予防接種費の一部助成について

[2017年4月1日]

お知らせ

風しんは免疫のない妊婦が妊娠中(特に妊娠初期)に感染すると、胎児が先天性風しん症候群となるおそれがあります。

八幡市では、先天性風しん症候群の発症防止のため、妊娠を希望する夫婦や妊婦の配偶者を対象に風しんの予防接種費の一部を助成します。

この予防接種は、予防接種法に基づかない任意の接種です。

助成対象者

八幡市に住所を有する方で、次の1から3のいずれかに該当する方

  1. 妊娠を希望する女性および配偶者(児の父親)
  2. 現在妊娠している女性の配偶者(児の父親)
  3. 抗体価が低い妊婦の同居人のうち、抗体価の低い者

※妊娠している女性は接種できません。また、接種後2ヵ月間は妊娠を避ける必要があります。

※すでに風しんにかかったことがある方、および麻しん・風しんワクチンを2回接種している方は接種できません。

助成対象ワクチン

麻しん・風しん混合ワクチン(MR)、または風しん単体ワクチン

接種場所

八幡市内協力医療機関、または市外の実施医療機関

助成費用

1人につき、どちらか1回限り

  • 麻しん・風しん混合ワクチン(MR):7千円
  • 風しん単体ワクチン:4千5百円

※市民税非課税世帯、生活保護世帯の方は全額補助されます。なお、各医療機関によって接種費用は異なります。

※予防接種料が助成額に満たない場合は、その額とします。

助成方法

接種を受けた後、一旦接種費用全額を医療機関にお支払いください。

このとき、領収書をもらってください。

後日、申請により助成金を償還払いします。

(以下の項目が記載されていないと、助成対象となりませんので注意してください)

記載の必要な項目

  • 接種を受けた人の氏名
  • 接種年月日
  • 接種ワクチン名
  • 接種費用
  • 接種医療機関名(医療機関の押印および領収印)

助成申請

  • 申請窓口
    八幡市健康部健康推進課
  • 申請受付期間
    接種を受けた日の属する年度の翌年度の4月10日まで
    月曜日から金曜日
    午前8時30分から午後5時15分(祝日・振替休日除く)

申請に必要なもの

  1. 八幡市予防接種(風しん)費用助成申請(請求)書
  2. 接種を受けた人の印鑑
  3. 接種を受けた人名義の預金通帳等
    (金融機関名、口座番号、口座名義人が確認できるもの)
  4. 風しん抗体検査結果表(抗体検査を受けた方のみ)
  5. 領収書の原本
    (上記<記載の必要な項目>が全て確認できること)
  6. 抗体価の低い妊婦の同居人は、同居人の抗体価検査結果、妊婦の母子手帳、同居人の免許証または健康保険証等の住所記載のあるもの

申請後、助成対象者であることを確認し、ご指定の口座に助成金を振り込みます。

市内の協力医療機関

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請書

風しんの抗体価検査について

なお、平成26年4月より風しんの抗体価検査が無料で受けられることになりましたので、下記の京都府のホームページもあわせてご覧ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


平成29年度大人の風しんの予防接種費の一部助成についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る