ページの先頭です

HPV(子宮頸がん予防)ワクチンについて

[2022年5月31日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

HPVワクチンは、平成25年4月に予防接種法に基づく定期接種となった直後に、予防接種後にワクチンとの因果関係が明確ではないものの、重い副反応が疑われる報告があり、国からの接種の積極的勧奨を控えるという通知を受け、これまで市は申請があった方のみに予診票を発行しておりました。

その後、令和3年11月26日付の厚生労働省の通知によりHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められた為、積極的勧奨が再開となりました。

また、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃してしまった方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、令和4年4月から令和7年3月までの3年間、公費(無料)で接種できる機会が設けられました。

接種対象となる方および保護者の皆様には、HPVワクチン接種について、個別通知同封の説明文と厚生労働省作成のリーフレットを必ずお読みになり、ワクチンの効果・リスクについてご理解いただいた上で、希望される方は医療機関にて接種を受けてください。

HPV(子宮頸がん予防)ワクチンについて

子宮頸がんやHPVワクチンの有効性・安全性に関する情報を知っていただくために、厚生労働省からリーフレットが作成されています。接種を希望される方は下記リーフレットをご覧ください。

1.接種対象者

(1)定期接種

対象者:接種日時点で八幡市に住民登録がある、小学6年生から高校1年生相当の女子

(注)標準的接種年齢:中学1年生から高校1年生相当。

(注)中学1年生から高校1年生相当の未接種者には令和4年3月から4月に個別通知を行っています。小学6年生相当で接種を希望される方は健康推進課にお問い合わせください。

(2)キャッチアップ接種

対象者:接種日時点で八幡市に住民登録がある、平成9年4月2日生まれから平成18年4月1日生まれの女子のうちHPVワクチンを合計3回受けていない方

対象期間:令和4年4月から令和7年3月31日まで

(この他、平成18・19年度生まれの方は、通常の定期接種対象〈小学6年生から高校1年生相当〉の年齢を超えても令和7年3月末まで接種できます。)

(注)キャッチアップ接種対象者には令和4年5月末より順次個別通知を行います。

HPVワクチンを自費で受けた方について

平成9年4月2日生まれから平成17年4月1日生まれの女性で、HPVワクチン定期接種の年齢を過ぎて令和4年3月31日までに自費で接種を受けた方は、申請により接種費用の全額または一部の助成(償還払い)を予定しています。償還払いの対象や手続き等については、詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

2.費用

無料(対象期間を過ぎた場合は有料となります。ご注意ください。)

3.接種方法

個別通知に同封の説明文・リーフレットをよく読み、事前に予診票に記入し、母子健康手帳(または予防接種済証)、保険証などの住所の確認できるものと共に市内指定医療機関(予診票裏面に記載)へ持参して接種してください。接種2回目以降の場合には、母子健康手帳(または予防接種済証)にてこれまでの接種年月日と使用ワクチンについて確認し、予診票に記入してください。

(注)特別な理由で市外での接種を希望される場合は、手続きが必要になりますので《接種前に》健康推進課へご連絡ください。手続きには2週間ほどお時間をいただきます。

4.接種スケジュール

3回接種で完了します。現在、定期接種の対象となるワクチンは以下の2種類です。接種間隔がそれぞれ異なります。3回とも同じワクチンでの接種が原則です。
各ワクチンごとの接種スケジュール
使用ワクチン 標準的接種スケジュール 

 サーバリックス

(2価ワクチン)

1回目:初回接種

2回目:初回から1月の間隔

3回目:初回から6月の間隔 

 ガーダシル

(4価ワクチン)

1回目:初回接種

2回目:初回から2月の間隔

3回目:初回から6月の間隔

(注)キャッチアップ接種対象の方で、過去にHPVワクチン接種歴があり、接種を中断されていた方は、初回からやり直すことなく、残りの回数の接種を行ってください。その際は過去に接種歴のあるワクチンと同一製剤で接種を完了してください。過去に接種したワクチンの種類が不明な場合は、ワクチンの種類等について医師とよく相談したうえで接種してください。

(注)上記の接種間隔をとることが出来ない場合は、予診票裏面に記載のやむを得ず接種間隔の変更が必要な場合の間隔で接種することが出来ます。

(注)9価ワクチン(シルガード9)は現在定期接種対象となりません。

9価ヒトパピローマウイルスワクチン(シルガード9について)-厚生労働省ホームページへのリンク(別ウインドウで開く)

5.注意事項

妊娠している方またはその可能性がある方は、原則予防接種を受けることができません。接種前に予診票についての内容確認を医師が行います。新型コロナワクチンとその他予防接種は原則として接種前後13日以上の間隔をあけてください。

6.予防接種に関する相談窓口

HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談窓口(厚生労働省)

電話番号:050-3818-2242

受付時間:月から金曜日 午前9時から午後5時(土日祝日、年末年始除く)

厚生労働省ホームページへのリンク(別ウインドウで開く)

HPVワクチンの予防接種後に生じた症状の診療にかかる協力医療機関について

ワクチン接種後、健康状態に気になる症状が生じた場合は、予防接種を受けた医療機関で診察を受けていただきますようお願いします。また、診察を受けた医療機関において専門的な診察が必要と判断された場合は、各都道府県において協力医療機関が選定されています。

〈京都府下のHPVワクチン接種後に生じた症状の診療に関する協力医療機関〉(別ウインドウで開く)

京都府立医科大学付属病院 産婦人科、疼痛・緩和ケア科(ペインクリニック)

HPVワクチンの予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: (健康増進係)075-983-1116(予防係)983-1117(保健係)983-1115

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


HPV(子宮頸がん予防)ワクチンについてへの別ルート

ページの先頭へ戻る