ページの先頭です

骨髄移植等の医療行為により、抗体を失った子どもの再接種費用の助成について

[2019年7月25日]

八幡市では、骨髄移植等の医療行為により、過去に接種した定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された方に対し、再びその予防接種を受ける場合に要する費用を助成します。

対象者

以下のいずれにも該当する方

  1. 接種日において本市に住所を有する20歳未満の方
  2. 骨髄移植等の医療行為により、過去に接種した定期予防接種の抗体を失ったため、再接種の必要があると医師に判断されている方

対象となる予防接種

以下いずれにも該当するもの

  1. 予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病に該当するもの。
  2. 骨髄移植等の医療行為を行う以前に、適正に接種されたワクチンのうち、再接種の必要があると医師に判断されたもの。

助成金額

予防接種にかかった費用

(八幡市が実施する予防接種の単価が上限となります。)

(注)平成31年(2019年)4月1日以降の接種が対象となります。

助成方法

費用の助成を受ける場合、必ず接種前に市に申請してください。

申請を行わずに再接種を受けた場合、費用助成の対象外となります。

手続き方法については、八幡市健康推進課まで問い合わせてください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: (健康増進係)075-983-1116(予防係)983-1117(保健係)983-1115

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る