ページの先頭です

児童扶養手当と障害年金の併給調整の見直しについて

[2021年1月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

児童扶養手当法の一部が改正され、令和3年3月分から、障害年金を受給している人の児童扶養手当の計算方法が変わります。

見直し内容

「児童扶養手当」の額が「障害年金」の子の加算部分の額を上回る場合、その差額を児童扶養手当として受給できるようになります。

なお、障害年金以外の公的年金等(遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給している方は、今回の改正後も調整する公的年金等の範囲に変更はありませんので、公的年金等の額が児童扶養手当額を下回る場合は、その差額分を児童扶養手当として受給できます。

手当を受けるための手続き

  • すでに児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方は、原則、申請不要です。
  • それ以外の方は、申請が必要です。

申請方法、必要書類等については、子育て支援課まで問い合わせてください。

その他手当の詳細については、児童扶養手当(市ホームページ)のページをご覧ください。

支給開始時期

すでに児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方

令和3年3月分から支給します。

令和3年3月1日に支給要件を満たしている方

令和3年6月30日までに申請をすれば、令和3年3月分から支給します。

令和3年3月1日より後に支給要件に該当した方

申請をした翌月分から支給します。

制度改正についてのパンフレットなど

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所福祉部子育て支援課

電話: (児童育成係/支援係)075-983-1112(家庭児童相談室)983-3148

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


児童扶養手当と障害年金の併給調整の見直しについてへの別ルート

ページの先頭へ戻る